「メルセデス・ベンツSクラス」にカブリオレが登場

2016.06.03 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS550カブリオレ」
「メルセデス・ベンツS550カブリオレ」

メルセデス・ベンツ日本は2016年6月2日、2015年のフランクフルトモーターショーで世界初公開した「Sクラス カブリオレ」の日本導入を発表した。納車開始は2016年10月中旬を予定。価格は2145万円から。

発表会の会場に展示されていた1970年式の「280SE 3.5カブリオレ」。
発表会の会場に展示されていた1970年式の「280SE 3.5カブリオレ」。
独ダイムラーでエクステリアデザイン シニアマネージャーを務めるアヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏
独ダイムラーでエクステリアデザイン シニアマネージャーを務めるアヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏。
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(写真向かって左)と、発表会に参加した写真家の篠山紀信氏(同右)。
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(写真向かって左)と、発表会に参加した写真家の篠山紀信氏(同右)。
3層構造のソフトトップ。クローズド時には高い遮音性を実現している。
3層構造のソフトトップ。クローズド時には高い遮音性を実現している。
「Sクラス カブリオレ」のインストゥルメントパネルまわり。
「Sクラス カブリオレ」のインストゥルメントパネルまわり。
「S550カブリオレ」に搭載される4.7リッターV8ツインターボエンジン。
「S550カブリオレ」に搭載される4.7リッターV8ツインターボエンジン。
ラインナップは「S550」とAMGモデルの「S63 4MATIC」「S65」が用意される。
ラインナップは「S550」とAMGモデルの「S63 4MATIC」「S65」が用意される。
「S550カブリオレ」のリアビュー。横転事故の際に乗員を守るため、リアヘッドレストの後ろにはガスジェネレーターによる火薬式のオートマチックロールバーが装備されている。
「S550カブリオレ」のリアビュー。横転事故の際に乗員を守るため、リアヘッドレストの後ろにはガスジェネレーターによる火薬式のオートマチックロールバーが装備されている。

■44年ぶりに復活した最上級カブリオレ

Sクラス カブリオレは、1961年から1971年の間に販売されていた「W111」以来、メルセデス・ベンツにとって44年ぶりに復活したトップエンドモデルのカブリオレとなる。

この発表会に合わせて来日した独ダイムラーのエクステリアデザイン シニアマネージャーであるアヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏は、「Sクラス カブリオレは一生に一度、40年から50年に一度、世に出るか出ないかというクルマだ。今回登場することで、出た途端にコレクターズモデルになるだろう」と述べる。

バドシュトゥブナー氏によると、メルセデスの新たなデザインコンセプトは「モダンラグジュアリーだ」とのこと。これは従来のラグジュアリーとは一線を画したメルセデス・ベンツの新しいデザイン哲学で、「情熱と知性、ラグジュアリーとモダン、官能(センシャル)と純粋(ビュリティー)という、相反する要素を、それぞれのモデルラインナップの性格や役割に応じ融合させるものだ。これらをエクステリア、インテリアデザイン両方で、プロポーション、面構成、ディテールで表現する」という。

今回発表されたSクラス カブリオレも、モダンラグジュアリーのコンセプトにのっとってデザインされたものとなっている。フロントまわりの中心はスリーポインテッドスターとクロムインサート入りのシングルルーバーを収めたブラックのダイヤモンドグリルであり、またボンネットの2本のキャラクターラインにより、ダイナミックなイメージを強調している。

一方サイドビューでは、「Sクラス セダン」と同じくキャラクターラインがリアに向けて下降する「ドロッピングライン」や、完全に格納されるサイドウィンドウによりエレガントさを表現しているという。

ソフトトップは3層構造で、ブラック、ダークブルー、ダークレッドの3種類の色を用意。50km/h以下であれば走行中でも約20秒で開閉可能となっており、また車外からキーで開閉することもできる。

■快適性はまさに“オープンのSクラス”

快適性の面では、フロントウィンドウ上部のウインドディフレクターとドラフトストップから構成されるエアキャップが空気の流れを上方に高く跳ね上げ、後方からの室内への風の巻き込みを低減している。また、日照センサーや室内温度計の情報によりルーフの開閉に伴う温度変化を感知して温度と風量をコントロールする「クライメートコントロール」により、快適な室内環境を提供。シートだけでなく、ドアやセンターアームレスト、ステアリングホイールにもヒーターが内蔵されている。

■ボディーシェルの重量はクーペとほぼ同等

オープンモデルは通常剛性を確保するために、補強材等を多く使用することから、重量が増える傾向にある。その点、アルミニウムハイブリッドボディーシェルを採用するSクラス カブリオレは、「Sクラス クーペ」とボディーシェルコンポーネントの約60%を共用するものの、専用開発のアルミニウムおよびマグネシウム製のリアバルクヘッドや、アルミニウム製リアフロアの採用などにより、ボディーシェルの重量はクーペ並みに抑えられているという。

価格は以下の通り。
・メルセデス・ベンツS550カブリオレ:2145万円
・メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ:2750万円
・メルセデスAMG S65カブリオレ:3417万円

今回、カブリオレの登場と自動車誕生130周年を記念して、特別仕様車「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ エディション130」が同時に発表された。全世界130台の限定モデルで、日本では8台限りの販売となる。価格は3251万円。

(文=内田俊一/写真=内田俊一、webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
ホームへ戻る