「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に7人乗りの限定車

2016.06.03 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ 7プラス スペシャルエディション
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ 7プラス スペシャルエディション」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年6月1日、SUV「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の特別仕様車「ディスカバリー スポーツ 7 Plus Special Edition(7プラス スペシャルエディション)」を発表。同日、100台限定で受注を開始した。

通常はオプション扱いとなる「5+2シート」を標準装備
通常はオプション扱いとなる「5+2シート」を標準装備。
リアシートエンターテインメントシステムのモニター画面。
リアシートエンターテインメントシステムのモニター画面。
19インチのスタイル521アロイホイール
19インチのスタイル521アロイホイール。
 
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に7人乗りの限定車の画像

ディスカバリー スポーツ 7プラス スペシャルエディションは、「ディスカバリー スポーツHSE」をベースに、最大7人の乗車が可能になる「5+2シート」を標準装備とした特別仕様車。
乗車人数や積載する荷物量にあわせてシートを2~7座にアレンジでき、荷室の容量も194リッターから最大1698リッターにまで変更できる。

インテリアについては、シーラスグレインドレザーシートもしくはアーモンドグレインドレザーシートが選択可能で、ヘッドライニングはエボニーとなる。

前席には2つの充電対応USBポートを、2列目には8インチのスクリーンで映画などが鑑賞できるリアシートエンターテインメントシステムを装備。自動緊急ブレーキ、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)、オートマチックハイビームアシストといった安全装備を含む「ドライバーアシストプラスパック」も与えられる。

ボディーカラーは、サントリーニブラック(限定50台)とコリスグレイ(限定50台)の2色展開。コリスグレイのモデルには、ルーフとピラーがサントリーニブラック仕上げとなる「ブラックコントラストルーフ」が採用される。さらに、ブラック仕上げのフロントグリル、フェンダーベント、19インチのスタイル521アロイホイールなどで精悍(せいかん)なイメージが演出されている。

価格は、ベースモデルより59万円高の649万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ディスカバリー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る