「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に7人乗りの限定車

2016.06.03 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ 7プラス スペシャルエディション
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ 7プラス スペシャルエディション」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年6月1日、SUV「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の特別仕様車「ディスカバリー スポーツ 7 Plus Special Edition(7プラス スペシャルエディション)」を発表。同日、100台限定で受注を開始した。

通常はオプション扱いとなる「5+2シート」を標準装備
通常はオプション扱いとなる「5+2シート」を標準装備。
リアシートエンターテインメントシステムのモニター画面。
リアシートエンターテインメントシステムのモニター画面。
19インチのスタイル521アロイホイール
19インチのスタイル521アロイホイール。
 
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に7人乗りの限定車の画像

ディスカバリー スポーツ 7プラス スペシャルエディションは、「ディスカバリー スポーツHSE」をベースに、最大7人の乗車が可能になる「5+2シート」を標準装備とした特別仕様車。
乗車人数や積載する荷物量にあわせてシートを2~7座にアレンジでき、荷室の容量も194リッターから最大1698リッターにまで変更できる。

インテリアについては、シーラスグレインドレザーシートもしくはアーモンドグレインドレザーシートが選択可能で、ヘッドライニングはエボニーとなる。

前席には2つの充電対応USBポートを、2列目には8インチのスクリーンで映画などが鑑賞できるリアシートエンターテインメントシステムを装備。自動緊急ブレーキ、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)、オートマチックハイビームアシストといった安全装備を含む「ドライバーアシストプラスパック」も与えられる。

ボディーカラーは、サントリーニブラック(限定50台)とコリスグレイ(限定50台)の2色展開。コリスグレイのモデルには、ルーフとピラーがサントリーニブラック仕上げとなる「ブラックコントラストルーフ」が採用される。さらに、ブラック仕上げのフロントグリル、フェンダーベント、19インチのスタイル521アロイホイールなどで精悍(せいかん)なイメージが演出されている。

価格は、ベースモデルより59万円高の649万円。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売 2018.1.17 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲンe-ゴルフ(FF)【試乗記】 2018.1.10 試乗記 100%電気自動車の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。“Cセグメントのベンチマーク”とも評される「ゴルフ」は、電動化によっていかなるクルマへと変化したのか。約250kmの試乗を通じて得られた、リポーターの結論とは!?
ホームへ戻る