「ポルシェ・カイエン」に装備充実の「プラチナエディション」

2016.06.03 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」
「ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」

ポルシェ ジャパンは2016年6月2日、SUV「カイエン」の特別仕様車「カイエン プラチナエディション」「カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」を発表。同日、予約受け付けを開始した。

「カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」のリアビュー。
「カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」のリアビュー。
RSスパイダーデザインの大径20インチホイール
RSスパイダーデザインの大径20インチホイール。
“Platinum Edition”ロゴ入りステンレススチールドアエントリーガード。画像は「カイエン プラチナエディション」のもの。
“Platinum Edition”ロゴ入りステンレススチールドアエントリーガード。画像は「カイエン プラチナエディション」のもの。

カイエンおよびカイエンS E-ハイブリッドのプラチナエディションは、ポルシェが「プレミアム品質の装備を魅力的な価格で提供」するとうたう特別仕様車。
エクステリアは、よりワイドなホイールアーチやRSスパイダーデザインの大径20インチホイール、ハイグロスエクステリアパッケージでドレスアップされている。

インテリアについても、8ウェイの電動調節機能を組み込んだレザースポーツシート、アルカンターラ仕上げのセンターパネル、“Platinum Edition”ロゴ入りステンレススチールドアエントリーガードなどが装着される。

快適性や安全性のレベルアップも図られており、例えばカイエン プラチナエディションには、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)内蔵バイキセノンヘッドライト、パワーステアリングプラス、パークアシストシステム(フロントおよびリア)が備わる。
ドアミラーとインテリアミラーの自動防眩(ぼうげん)機能、後席の濃色プライバシーガラス、オンラインナビゲーションシステム、BOSEサウンドシステムを含むポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)もセリングポイントとなっている。

ボディーカラーは、ブラックとホワイトのソリッドカラー仕上げが標準。このほか、ジェットブラックメタリック、パープライトメタリック、マホガニーメタリック、キャララホワイトメタリック、ロジウムシルバーメタリックの5色がオプションで用意される。

価格は、以下の通り。
・カイエン プラチナエディション:944万円
・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション:1257万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ポルシェ・カイエンターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2013.7.15 試乗記 最高出力は550ps! ドライバーに物理の法則を忘れさせる、「カイエンターボS」の途方もないパフォーマンスを支えるものとは?
  • ポルシェ911 GT2 RS/911ターボSエクスクルーシブシリーズ 2017.7.3 画像・写真 独ポルシェはイギリスで開催されたモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(開催期間:2017年6月30日~7月2日)で「911 GT2 RS」を発表した。その姿を画像で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る