第347回:世界の“YORII”になれる日が来るのか?
ホンダ最新の生産拠点、寄居完成車工場見学記

2016.06.07 エッセイ
2013年に稼働したばかりの、ホンダ最新の寄居完成車工場。

ホンダの国内生産拠点としては8番目の工場となる寄居完成車工場の内部が公開された。世界最新鋭の工場を通して見えてきた、ホンダの次時代戦略とは? 自動車産業における工場のあり方なども交えつつ追いかけてみた。

寄居工場の鳥瞰(ちょうかん)写真。栃木プルービンググラウンドと同じ設計のテストコースが設けられている。
「ヴェゼル」のボディーにロボットがボンネットなどの蓋物(ふたもの)を取り付けているところ。使用されるエネルギー、工程の数、人の手間、作業スペースの広さと、寄居工場ではあらゆる視点での効率化が図られている。
本田技研工業の八郷隆弘社長。2015年7月の就任記者会見では「現場とのコミュニケーションを強めていくこと」を最初の課題として挙げるなど、生産や開発の現場を重視する社長として知られている。

稼働は2013年7月 ホンダ自慢の最新鋭工場

のっけから何だが、筆者は工場見学が大好きだ。何より自分の知らないことをたくさん吸収できる。もちろん取材で行っているわけではあるが、クルマに限らずモノ(商品)が組み上がっていく工程を見るのは50歳を超えてもドキドキするものだ。

さて、ホンダの寄居完成車工場(以下寄居工場と表記)、思い起こせば2006年5月に建設計画を発表した際にも話題にのぼったが、その後2008年9月に世界中を襲ったリーマンショック、これでホンダをはじめ多くの企業がつまずいたことは説明の必要はないだろう。全面的な影響を受けたわけではないだろうが、この寄居工場もそれなりの方針変更を余儀なくされたことは想像に難くない。

結果として建設が再開されたのが、私の記憶では2010年7月。2013年7月に稼働までこぎつけた点は素直にすごいと思う。

2016年に入り、報道機関に内部が公開されるようになった寄居工場。今回は自動車メディアやアナリスト、そしてわれわれのような自動車系ジャーナリスト約70名(ざっくり数えてみました)がメディア向け見学会として取材したのだが、一番の「お楽しみ」は実は八郷隆弘社長との懇談だったりする。実際、八郷社長は現地でわれわれを迎えてくれて、見学の際も同行、そして最後はグループごとに分かれた意見交換会までフル参戦、正直こちらが恐縮してしまうほどで、厳しい質問にも笑顔でしっかりと答えてくれた。ホント、ヨイショ抜きでただただありがたい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ