ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)/ホンダ・シビック タイプR 無限パーツ装着車(FF/6MT)/日産GT-R 2008年モデル ニスモパーツ装着車(4WD/6AT)/日産セレナNISMOパフォーマンスパッケージ(FF/CVT)/日産エクストレイルNISMOパフォーマンスパッケージ(4WD/CVT)

さまざまなワクワクがある 2016.06.08 試乗記 自動車メーカー直系の4ブランドが手がけたチューニングカーに試乗。TRDとSTIの“作品”に触れた前編に続いては、無限の手になる特別な「S660」と「シビック タイプR」、さらに、NISMOがカスタマイズした「GT-R」「セレナ」「エクストレイル」の走りを報告する。

ノーマルよりも素直 ―ホンダS660 MUGEN RA

その人気から、納車待ちの状況が続いているというホンダS660をベースに、無限の新たなカスタマイズモデルが登場した。その名は「S660 MUGEN RA」。……あれ? 無限ってすでにS660用のフルエアロキットやらチューニングパーツをリリースしてなかったっけ? そう思ったアナタは鋭い。これはディーラーで購入できるコンプリートカーなのである。

納車待ちの列に並んでいる未来のS660オーナーたちが激怒しないかなぁ? と心配だが、ともかくその概要を説明すると、これは「新しいコンセプトのコンプリートカー」。“RA”の“R”は「レーシング」、“A”はアルファベットの先頭であることから「始まり」を意味しており、ここからさらにカスタマイズしていくベース車にしてほしい、という願いが込められている。

だからボディーパーツも、ノーマルから変わっているのは、無限のアイデンティティーであるドライカーボン製フロントグリルのみ。また足まわりは普段乗りでの快適性をも考慮したサスペンションが組み込まれている。
とはいえ純正装着タイヤは「ヨコハマ・アドバンネオバAD08R」だから、そのグリップに負けない剛性がデフォルトで与えられている。ちなみにバネレートは純正比でフロントが40%、リアは20%ほど高められており、ビルシュタイン製ダンパーの減衰力は縮み側を標準よりも30%ほどアップ。伸び側は1~2割程度低く設定した無限セッティングが施された。しかもシステムは車高調整式だ。
ホイールは、そのデザインおよび設計を無限が担当したBBS製の切削鍛造ホイール。1台分で約5.8kgの軽量化を実現している。

実際にこのMUGEN RAを走らせると、ノーマルよりも素直な操縦感覚が得られた。ノーマルはダンパーの伸び側減衰力が支配的で、コーナリング中の遠心力に対してイン側からクルマをロールさせないようにする。対してRAは伸び側を緩めているせいかロールが自然。そして縮み側を固めた割に、乗り心地も穏やかだった。
タイヤのグリップに頼りながらコーナリングスピードを楽しむという特性は同じ。ただしMUGEN RAのアシは車高調整式だから、その重量配分やライドハイトを調整することで、自分好みのハンドリングを得られるはず。スタビリティーコントロールが邪魔をする可能性もあるが、これだけの安定性と軽さが実感できるのであれば、カートのように、もう少しターンインでリアのグリップバランスを低くしてもよいのではないかと思えた。

無限に限らずS660を走らせて何が楽しいかといえば、“全開率の高さ”だ。今回はエンジンもスポーツマフラーが付いているだけで、さらにはスタビリティーも上がっていることから、サイクルスポーツセンターのコーナーでは、そのほとんどが全開だった。
わずかなアクセルのオン/オフで発生するクルマのロールやピッチングを観察しながら走らせていると、クルマ本来の面白さがジワリジワリと伝わってきた。やっぱり軽いって、すばらしい!

2016年5月26日に発表された、無限(M-TEC)のコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。660台限定で販売される。


	2016年5月26日に発表された、無限(M-TEC)のコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。660台限定で販売される。
「S660 MUGEN RA」のインテリア。赤い本革シート(一部合成皮革)が目を引く。
「S660 MUGEN RA」のインテリア。赤い本革シート(一部合成皮革)が目を引く。
ビルシュタイン製の車高調節式サスペンション。強度上の剛性アップも図られている。
ビルシュタイン製の車高調節式サスペンション。強度上の剛性アップも図られている。
当日の試乗コースとなった、サイクルスポーツセンターのコーナーを駆け抜ける「S660 MUGEN RA」。
当日の試乗コースとなった、サイクルスポーツセンターのコーナーを駆け抜ける「S660 MUGEN RA」。
「S660 MUGEN RA」の専用メーター。中央の液晶部分に「無限MUGEN」ロゴが表示される。
「S660 MUGEN RA」の専用メーター。中央の液晶部分に「無限MUGEN」ロゴが表示される。
 
2016ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】の画像
関連記事
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ホンダS660 α モデューロパーツ装着車(MR/6MT)【レビュー】 2015.9.19 試乗記 “プレモル”的な味わいがある? ホンダの純正アクセサリーブランド、モデューロのカスタマイズパーツを装着した「S660」に試乗。純正のことを知り尽くしたモデューロならではの、純正の乗り味を大切にした“プレミアムな走りの味”をリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)【試乗記】 2015.9.28 試乗記 ホンダの軽スポーツ「S660」用に、無限(M-TEC)が30品目を超えるスペシャルパーツを開発した。今回は、それらのアイテムを装着した、“無限仕様”のS660に試乗。ノーマル車との走りの違いを報告する。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る