「トヨタ・エスティマ」 新しいデザインで登場

2016.06.06 自動車ニュース
「トヨタ・エスティマハイブリッド アエラス プレミアムG」
「トヨタ・エスティマハイブリッド アエラス プレミアムG」

トヨタ自動車は2016年6月6日、ミニバン「エスティマ」「エスティマハイブリッド」にマイナーチェンジを実施し、同日販売を開始した。

「エスティマハイブリッド アエラス」
「エスティマハイブリッド アエラス」
「エスティマ アエラス」
「エスティマ アエラス」
新規設定色の、左から「ダークシェリーマイカメタリック」「レッドマイカメタリック」「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」。写真はいずれもツートンカラー仕様。
新規設定色の、左から「ダークシェリーマイカメタリック」「レッドマイカメタリック」「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」。写真はいずれもツートンカラー仕様。
「エスティマハイブリッド アエラス スマート」のインストゥルメントパネルまわり。
「エスティマハイブリッド アエラス スマート」のインストゥルメントパネルまわり。
「エスティマハイブリッド アエラス スマート」のシート。
「エスティマハイブリッド アエラス スマート」のシート。
「エスティマハイブリッド アエラス プレミアムG」のシート。
「エスティマハイブリッド アエラス プレミアムG」のシート。
フロントウィンドウに備えられた「Toyota Safety Sense C」のセンサー。
フロントウィンドウに備えられた「Toyota Safety Sense C」のセンサー。
フロントパフォーマンスダンパー
フロントパフォーマンスダンパー
左から「エスティマ アエラス プレミアムG」「エスティマ アエラス プレミアム」「エスティマ アエラス スマート」。
左から「エスティマ アエラス プレミアムG」「エスティマ アエラス プレミアム」「エスティマ アエラス スマート」。
「エスティマハイブリッド アエラス プレミアムG」
「エスティマハイブリッド アエラス プレミアムG」

■デビュー11年目にして再びのマイナーチェンジ

エスティマはワンモーションフォルムが特徴となっているトヨタの上級ミニバンで、現在のモデルは2006年1月に登場した3代目のモデルにあたる。

今回の改良では、エクステリアデザインを大きく変更している。特にフロントまわりでは、大開口のアンダーグリルを採用。張り出しを増したバンパーコーナーには、ヘッドランプからつながるスリット部分にデイライト機能付きのLEDアクセサリーランプを仕込んでいる。ヘッドランプについてもサイドまで伸びる薄型のものに意匠を変更。全グレードにおいて、LEDクリアランスランプと組み合わせた「Bi-Beam LEDヘッドランプ」を標準装備としている。

またサイドビューについては、突き出し感を強調したフロントノーズにより、ワンモーションフォルムの伸びやかさを強調。リアコンビランプはより立体的な赤基調の意匠とし、LEDライン発光ストップランプと面発光テールランプを採用している。

ボディーカラーは全7色で、新規設定色の「レッドマイカメタリック」「ダークシェリーマイカメタリック」「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」については、ルーフ、ピラー、アルミホイールをブラックとしたツートンカラー仕様も用意されている。

■インパネまわりのデザインをがらりと変更

インテリアについても手を加えており、インストゥルメントパネルにはステッチの装飾を施した合成皮革を採用。さらに、広さを強調するために横基調のサテン調の装飾オーナメントを施した。ステアリングホイールにも同じくサテン調の装飾を加えている。

またインターフェイス関連では、新しい意匠のマルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)付きオプティトロンメーターを採用したほか、センタークラスターの形状を大きく変更。空調には静電式スイッチを用いている。

内装色は天井やピラーを含めて全車ブラックで統一するとともに、グレードごとに異なるシートカラーを設定。「アエラス スマート」に用意される新規設定色のホワイトには防汚処理加工を施している。またシート表皮もグレードによって異なり、特に最上級グレードの「アエラス プレミアムG」にはブランノーブ(ヌバック調ファブリック)と合成皮革のコンビシートを採用している。

■運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を標準装備

装備関連の変更点としては、赤外線センサーと単眼カメラを用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を全車に搭載したほか、フロントドアガラスとウインドシールドグリーンガラスに加え、リアドアガラス、リアクオ―ターガラス、バックドアガラスにもスーパーUVカットプライバシーガラスを用いている。

動力性能に関する変更もなされており、空力性能を高めるためにリアコンビネーションランプにエアロスタビライジングフィンを採用。またボディーに発生する小さなたわみや微振動を吸収し、シャープなハンドリングを実現するフロントパフォーマンスダンパーをアエラス プレミアムG、「アエラス プレミアム」の2グレードに標準装備。アエラス スマートにオプション設定した。

価格は以下の通り。

【エスティマ】
・アエラス(8人乗り):327万1418円
・アエラス(7人乗り):331万2655円
・アエラス プレミアム(7人乗り):340万1018円
・アエラス スマート(7人乗り):351万4909円
・アエラス プレミアムG(7人乗り):370万473円

【エスティマハイブリッド】
・アエラス(8人乗り):431万1163円
・アエラス(7人乗り):435万2400円
・アエラス プレミアム(7人乗り):439万1673円
・アエラス スマート(7人乗り):453万2073円
・アエラス プレミアムG(7人乗り):492万8727円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る