BMW M2クーペ(FR/7AT)

BMWらしさにあふれている 2016.06.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。

BMW好きの心をくすぐる

BMWに好意を持つ人は多いけれども、どこが好きかという対象は人それぞれに異なると思う。しかし新しく誕生したM2クーペは、BMW好きなら誰もが興味を示す資質を備えている。直列6気筒フロントエンジン、リアドライブという基本構成はもとより、ヨー慣性モーメントの小さそうなサイズ感を持ち、その2ドアクーペの容姿もまたBMWらしさにあふれている。

M2とは車名のMからも分かるように高性能版である。コンパクトな「2シリーズ」のノーズに、3リッターの排気量から370psと47.4kgm(465Nm)のパワー/トルクを発生するターボエンジンを収める。ギアボックスは6段MTが本国での標準ではあるが、日本仕様は7段DCTのみとなる。イメージとしては往年の「2002tii」やE30型「M3」をほうふつとさせるが、前後の太く大きなタイヤや張り出したオーバーフェンダーなどにより、さらに迫力ある今風な勇姿を装う。

こういうクルマなら、本来ならば6段MTの方が筋ではあろう。しかし、今やハイテクを駆使した自動変速の方が加速も速いタイムを出しているし燃費もいい。ちなみに、欧州仕様では0-100km/h加速は6段MTが4.5秒であるのに対して7段DCTは4.3秒となり、燃費も前者の8.5リッター/100kmから後者の7.9リッター/100km(日本式の表示にすると11.8km/リッター対12.7km/リッター)へと伸びる。日本市場としては圧倒的に2ペダルが多数派であるし、「速くて、しかも経済的」という大義名分には勝てない。また中古車になったときの価値まで考える人も多いから、インポーターの車種決定は妥当と思われる。

日本に導入される「M2クーペ」は7段ATの右ハンドルのみ。車両価格は770万円。
日本に導入される「M2クーペ」は7段ATの右ハンドルのみ。車両価格は770万円。
370psと47.4kgmを生み出す3リッター直6ターボユニット。オーバーブースト機能により、一時的に51.0kgm(500Nm)まで引き上げられる。
370psと47.4kgmを生み出す3リッター直6ターボユニット。オーバーブースト機能により、一時的に51.0kgm(500Nm)まで引き上げられる。
インテリアは専用のカーボンファイバートリムなどにより、スポーティーな雰囲気が演出されている。
インテリアは専用のカーボンファイバートリムなどにより、スポーティーな雰囲気が演出されている。
ドアハンドルはカーボン。アルカンターラのトリムには青いステッチが走る。
ドアハンドルはカーボン。アルカンターラのトリムには青いステッチが走る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M2クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る