「フォルクスワーゲン・ゴルフGTE」の希望小売価格が30万円安に

2016.06.07 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年6月7日、プラグインハイブリッドモデル「ゴルフGTE」の価格を見直し、これまでの499万円から469万円に変更すると発表した。

これは、PHVを含む次世代自動車の購入時に適用が受けられる、「クリーンエネルギー自動車導入対策費補助金」の変更に伴うもの。2015年9月の発売以来、2015年度の補助金制度の下で、ゴルフGTEには最大38万円の補助金が適用されていたが、2016年度の補助金額は9万5000円へと大幅に減額された。
この制度変更を受けて、フォルクスワーゲンは、今後のさらなるPHVの普及促進を目的に新価格を設定した。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ゴルフGTE」
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTE」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.30 試乗記 フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」に試乗。エコフレンドリーなだけでなく、「GTI」譲りのダイナミックな走行性能も兼ね備えているという同車の走りを、箱根のワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【レビュー】 2015.12.4 試乗記 Cセグメントハッチバック車のベンチマーク的存在である「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に、電動モーターと駆動用バッテリー、充電用ソケットを搭載した「GTE」が登場。エコと走りの両立をうたう、フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車の実力を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【海外試乗記】 2014.9.25 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」から走りの血統を引き継ぐプラグインハイブリッド・ゴルフ「GTE」が登場。その走りはGTIを超えたか? スイスからの第一報。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
ホームへ戻る