フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)

ザ・ベストバランス 2016.06.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさや、まじめな作りが見えてきた。

こっちのほうがむしろ本家

フォルクスワーゲンのザ・ビートルをベースに、ちょい車高を上げてSUV風味をまぶした特別限定車、フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューンが登場。
こう書くと、「はは~ん、クロスオーバーのブームに乗った、まねっこフォロワーだな」と考える人がいるかもしれない。けれども、もしザ・ビートルに人格があれば、「いやいや、こっちのほうが本家ですから」と強硬に主張するに違いない。

1960年代、アメリカ西海岸での「フォルクスワーゲン・ビートル」は、カウンターカルチャーの象徴だった。ぴっかぴかの高級車へのアンチとしてボディーをサビサビにする、RUST(=さび)加工を施す一派もあれば、ルーフラックにサーフボードを載せたサーファー一派もいた。

そのなかに、バギーに仕立ててオフロードを疾走する一派もいた。彼らが仕立てたのが、「デューン(dune=砂丘)・バギー」とか、「バハ(Baja)バグ」と呼ばれるカスタムカーだ。ちなみにバハバグの名称は、メキシコのバハ・カリフォルニア半島の砂漠地帯を駆け抜けるレース「バハ1000」で、ビートルをベースにしたバギーが優勝したことに由来する。

フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューンの名誉のために(?)言わせていただくと、ただ流行に乗っかったわけではなく、こんな歴史的背景があるのだ。第2次大戦にまでさかのぼれば、ビートルをベースに悪路走破性を高めた軍用車両「キューベルワーゲン」もつくられているから、「SUVっぽいビートル」に歴史アリ。

すみません、前置きが長くなってしまいましたが、こんなウンチクもクルマ道楽の楽しみのひとつ。といったところで、試乗スタート。

国内では、2016年5月に限定車として発売された「ザ・ビートル デューン」。ボディーカラーの選択肢は、テスト車の「サンドストームイエローメタリック」のみの設定となる。
国内では、2016年5月に限定車として発売された「ザ・ビートル デューン」。ボディーカラーの選択肢は、テスト車の「サンドストームイエローメタリック」のみの設定となる。
ボディーと同じサンドストームイエローメタリックのインストゥルメントパネルは、「ザ・ビートル デューン」のインテリアにおける特徴のひとつ。
ボディーと同じサンドストームイエローメタリックのインストゥルメントパネルは、「ザ・ビートル デューン」のインテリアにおける特徴のひとつ。
革巻きのステアリングホイールは、イエローのステッチ入り。下部スポークに「DUNE」のロゴが添えられる。
革巻きのステアリングホイールは、イエローのステッチ入り。下部スポークに「DUNE」のロゴが添えられる。
リアには、大型のスポイラーが装着される。
リアには、大型のスポイラーが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る