第453回:「フィアット田舎娘」ってどんなクルマ?
カッコいいイタリア語車名を無理やり訳してみた

2016.06.10 エッセイ

「照造さん」の名前じゃない?

東京でサラリーマンをしていた1990年代、自分のクルマにスキーや自転車を積むべく、初めてルーフラックを装着することにした。
週末、オートバックスに行くと、いくつかのブランド品が置いてあった。

最終的にボクが決めたのは、「THULE(スーリー)」の商品だった。雪国スウェーデンを本拠にするブランドということで、単純にカッコいいと思ったのである。

一方、はじめから関心を抱かなかったのは、ずばり「TERZO」であった。「照造」とかいう社長さんの名前に違いないと思ったのだ。

週明け、当時勤めていた自動車誌の編集部でその経緯を説明すると、先輩があきれ顔をした。そして「それはな、terzo、イタリア語で3番目という意味だ」と教えてくれた。
途端にTERZOがカッコよく思えてきた。無知とは罪である。

ネーミングに際して、イタリア語の美しい響きや長靴半島の景勝地のイメージにあやかるというのは、自動車の世界では長年用いられてきた手法だ。ご存じの通り、アウディの「クワトロ(quattro)」はイタリア語で「数字の4」を表す。

近年クリント・イーストウッドの映画のタイトルにもなった「フォード・グラントリノ」のトリノ(Torino)は、イタリア北部の自動車都市から取ったもの。ほかにもビュイック製クーペ「リヴィエラ(Riviera)」など、例を挙げればきりがない。

1990年代初頭、東京で自分の「フィアット・ウーノ」にルーフラックを取り付けて得意満面の筆者。
1990年代初頭、東京で自分の「フィアット・ウーノ」にルーフラックを取り付けて得意満面の筆者。
筆者がイタリアで2番目に所有した「フィアット・ブラーバ」。後方に見える「FARMACIA COMUNALE. N.2」は「市営2号薬局」の意味。
筆者がイタリアで2番目に所有した「フィアット・ブラーバ」。後方に見える「FARMACIA COMUNALE. N.2」は「市営2号薬局」の意味。
2代目「フィアット・ブラーボ」
2代目「フィアット・ブラーボ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。