新型「ルノー・トゥインゴGT」の概要が明らかに

2016.06.08 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴGT」
「ルノー・トゥインゴGT」 拡大

仏ルノーは2016年6月6日、コンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴGT」の概要を公開した。

今回のトゥインゴGTは、日本では2015年10月にお披露目された3代目「トゥインゴ」のスポーティーバージョン。ルノーのスポーツモデルやレーシングカーの開発を担うルノースポールの手により、さらなるドライビングプレジャーが得られるようチューンされている。

リアに搭載される898ccのターボエンジンは、吸気システムの変更やエンジン制御を変更することで、最高出力110hpと最大トルク17.3kgmを発生。トランスミッションは、トゥインゴGT独自のギア比を持つMTが組み合わされる。

サスペンションやESPは、トゥインゴGT専用にセッティングされたもの。可変ギアレシオステアリングが備わり、シャープなハンドリングと正確なコーナリングを実現するとうたわれる。

エクステリアは、2013年5月に発表されたコンセプトモデル「Twin'Run(トゥインラン)」をイメージして仕立てられており、17インチホイールや、側方に張り出したエアインテーク、2本出しのエキゾーストパイプなどが特徴となっている。

ボディーカラーは、新色のオレンジ(Piment Orange)のほか、グレー(Lunaire Gray)、ブラック(Profond Black)、ホワイト(Glacier White)がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る