第349回:メルセデス・ベンツのデザイナーが語る
“モダンラグジュアリー”と“ドリームカー”

2016.06.10 エッセイ
「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」と、独ダイムラーのエクステリアデザイン シニアマネージャーを務めるアヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏
「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」と、独ダイムラーのエクステリアデザイン シニアマネージャーを務めるアヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏。

メルセデス・ベンツは2016年6月2日、「Sクラス カブリオレ」をはじめとする3台のオープンカーを一斉に日本で発表した。発表会に合わせて来日したデザイナーに、新しいデザインコンセプトである“モダンラグジュアリー”とは何か、そして3台の“ドリームカー”について話を聞いた。

ステージ場に並べられた、右から「SL」と「Sクラス カブリオレ」「SLC」。メルセデス・ベンツでは、クーペやオープンカーなどが“ドリームカー”と呼ばれている。
ステージ場に並べられた、右から「SL」と「Sクラス カブリオレ」「SLC」。メルセデス・ベンツでは、クーペやオープンカーなどが“ドリームカー”と呼ばれている。
発表会において、メルセデス・ベンツのデザインコンセプト「モダンラグジュアリー」について説明するバドシュトゥブナー氏
発表会において、メルセデス・ベンツのデザインコンセプト「モダンラグジュアリー」について説明するバドシュトゥブナー氏。
発表会には長年メルセデス・ベンツを愛用しているというカメラマンの篠山紀信氏(写真右)も登場。会場を盛り上げた。
発表会には長年メルセデス・ベンツを愛用しているというカメラマンの篠山紀信氏(写真右)も登場。会場を盛り上げた。

モダンラグジュアリーと日本の文化

40年以上の時を経て復活したSクラス カブリオレと、フェイスリフトを施した「SL」「SLC」を同時に発表したメルセデス・ベンツ。メルセデスでは、同ブランドの伝統を象徴するクーペやカブリオレ、ロードスターを“ドリームカー”と呼んでいるそうだが、そのドリームカーをデザインしたダイムラーAGのエクステリアデザイン シニアマネージャー、アヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏がこれを機に来日。新たに掲げられたメルセデス・ベンツのデザインコンセプト、モダンラグジュアリーについて、そして、今回デビューしたドリームカーたちのデザインについて話を伺った。

――従来のラグジュアリーの概念とは一線を画すモダンラグジュアリー。このワードをメルセデスの新しいデザイン哲学に据えたわけですが、これはどういうものなのでしょうか。

アヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏(以下、バドシュトゥブナー。敬称略):そもそもラグジュアリー、贅沢(ぜいたく)さ、豊かさという概念は国や文化によって違っています。ロシアや中国、アメリカなどでは「もっとたくさん」「もっと大きく」というイメージですね。それらの国々では、例えばクロムパネルを追加するなどの配慮が求められます。一方で日本では、「もっとうんぬん」ではなく、シンプルな完璧性が求められるのです。キャラクターラインの数が減り、シンプルなラインになったとしても、パーフェクトなデザイン、プロポーションを保たなければならないのです。

今回、モダンラグジュアリーという言葉を使っていますが、背景にはこの日本のような考え方、あるいはドイツのバウハウスが体現するようなものを示していきたいという考えがあります。それがモダンラグジュアリーの定義です。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る