ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)

革新性にかげりなし 2016.06.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。

今年はアニバーサリーイヤーなのに……

ホンダ・アコードがデビューしたのは1976年。今からちょうど40年前のことだ。その記念すべき年に今回のマイナーチェンジは行われた。だからこそ不思議に思った。なぜ作り手自身が、アニバーサリーを祝わないのだろうか。
ひと足先に登場した「シビック」は、いまや日本では「タイプR」が限定販売されるだけ。軽トラックに「アクティ」という名前が与えられたのは1977年のことだ。二輪の世界では1958年発表の「スーパーカブ」という大先輩がいるけれど、四輪車ではアコードが、ホンダで最も長い系譜を保つ。

しかもこのアコード、最近はおとなしいセダンというイメージになっているけれど、かつては革新的なモデルだったことを、1962年生まれの筆者に近いか、より上の世代の人なら覚えているはずだ。

初代は、当時の1.6リッターとしては異例の3ドアハッチバック、しかも前輪駆動というパッケージングだった。叔父が購入した一台に乗せてもらうと、室内は広く、加速は滑らかで、乗り心地はしっとりしていて、今風に言えばクラスレスカーだった。
リトラクタブルヘッドランプに4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを備えた3代目も「エアロデッキ」という個性的な派生モデルともども印象に残っている。続く4代目で、ワゴンを北米生産の輸入車として販売したことも当時としては新鮮だった。

5代目で北米市場の要求に応えて3ナンバーボディーに拡大したものの、6代目では日本専用の5ナンバーに戻り、7、8代目では今度は欧州仕様と同一になるなど、迷走していた時期もある。でも、北米仕様と共通に戻った2013年発表の現行型が積むハイブリッドシステムは燃費性能が高く、革新性は受け継がれている。
だからこそ、「なぜお祝いしないの?」という気持ちを抱きながらの試乗となった。

現行型「ホンダ・アコード」は2013年6月に登場した9代目のモデルにあたる。日本で販売されるのはハイブリッド車のみ。
現行型「ホンダ・アコード」は2013年6月に登場した9代目のモデルにあたる。日本で販売されるのはハイブリッド車のみ。
「アコード ハイブリッドEX」のインテリア。今回のマイナーチェンジで、ダッシュボードの装飾パネルやパワーウィンドウスイッチパネルなどの色が変更された。
「アコード ハイブリッドEX」のインテリア。今回のマイナーチェンジで、ダッシュボードの装飾パネルやパワーウィンドウスイッチパネルなどの色が変更された。
運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」用のミリ波センサー。ホンダセンシングは機能が強化されたうえで、全車標準装備となった。
運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」用のミリ波センサー。ホンダセンシングは機能が強化されたうえで、全車標準装備となった。
1976年に初代がデビューした「アコード」。2016年は40周年のアニバーサリーイヤーとなる。
1976年に初代がデビューした「アコード」。2016年は40周年のアニバーサリーイヤーとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る