「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編)

2016.06.09 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「レクサスGS F」。レクサスの粋を集めたスポーツセダンは、谷口の心をどう揺さぶったのだろうか。

 
「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編)の画像

■この外観は結構好きですよ

箱根は今回も雨模様。谷口信輝はレクサスGS Fのコックピットから降り立つと、いの一番に「TVDってなんですか」と尋ねてきた。「レクサスRC F」で初めて世に出たTVD(Torque Vectoring Differential)左右の駆動力に差をつけることでヨーを発生させるシステムで、ブレーキを用いたトルクベクタリングに近い効果を生み出す。ただし、通常のトルクベクタリングが減速方向でしか作用しないのに対し、TVDは加速方向に対して作用するのが特徴である。

そう説明すると、谷口は「ほー、そうですか。でも、このコンディションでしょ? 限界まで攻めてなかったせいもあるのかもしれないけれど、あんまり効果を感じなかったなあ」と率直に印象を語ってくれた。

「じゃあ、NORMAL、SPORT S、SPORT S+の切り替えは?」と、谷口は畳みかけるように質問してきた。これは主にシフトスケジュール、スロットルレスポンス、スタビリティーコントロールの味付けを調整するもの。ただし、GS Fには可変ダンパーが装備されていないため、ハンドリングに直接的な影響を及ぼすことはあまりない。ましてや、このコンディションである。「ああ、やっぱり。これもあんまり違いがわかりませんでした」

こう話していると、谷口はまるでGS Fに引かれなかったようにも思えるが、実際はそうでもなかったらしい。「この外観は、結構好きですよ」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GS Fの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサスGS F 2015.11.25 画像・写真 最高出力477ps、最大トルク54.0kgmを発生する、自然吸気の5リッターV8エンジンを搭載。レクサスの高性能スポーツセダン「GS F」が、2015年11月25日にデビューした。その姿を写真で紹介する。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編) 2016.6.9 mobileCG SUPER GTやD1グランプリなどで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「レクサスGS F」。レクサスの粋を集めたスポーツセダンは、谷口の心をどう揺さぶったのだろうか。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場NEW 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
ホームへ戻る