「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編)

2016.06.09 mobileCG

「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「レクサスGS F」。レクサスの粋を集めたスポーツセダンは、谷口の心をどう揺さぶったのだろうか。

■この外観は結構好きですよ

箱根は今回も雨模様。谷口信輝はレクサスGS Fのコックピットから降り立つと、いの一番に「TVDってなんですか」と尋ねてきた。「レクサスRC F」で初めて世に出たTVD(Torque Vectoring Differential)左右の駆動力に差をつけることでヨーを発生させるシステムで、ブレーキを用いたトルクベクタリングに近い効果を生み出す。ただし、通常のトルクベクタリングが減速方向でしか作用しないのに対し、TVDは加速方向に対して作用するのが特徴である。

そう説明すると、谷口は「ほー、そうですか。でも、このコンディションでしょ? 限界まで攻めてなかったせいもあるのかもしれないけれど、あんまり効果を感じなかったなあ」と率直に印象を語ってくれた。

「じゃあ、NORMAL、SPORT S、SPORT S+の切り替えは?」と、谷口は畳みかけるように質問してきた。これは主にシフトスケジュール、スロットルレスポンス、スタビリティーコントロールの味付けを調整するもの。ただし、GS Fには可変ダンパーが装備されていないため、ハンドリングに直接的な影響を及ぼすことはあまりない。ましてや、このコンディションである。「ああ、やっぱり。これもあんまり違いがわかりませんでした」

こう話していると、谷口はまるでGS Fに引かれなかったようにも思えるが、実際はそうでもなかったらしい。「この外観は、結構好きですよ」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
GS Fレクサス

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 【北京ショー2018】「レクサスES」の7代目がデビュー 2018.4.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月25日、北京モーターショー(開催期間:2018年4月25日~5月4日)において、レクサスブランドのセダン「ES」の新型を世界初公開した。
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
ホームへ戻る