ホンダが「N-WGN」の仕様・装備を一部変更

2016.06.09 自動車ニュース
「ホンダN-WGN G・Lパッケージ」
「ホンダN-WGN G・Lパッケージ」

本田技研工業は2016年6月9日、軽乗用車「N-WGN」「N-WGNカスタム」の一部仕様を変更し、同年6月10日に発売すると発表した。

新たに設定された、ブラウン×ベージュのインテリア。
新たに設定された、ブラウン×ベージュのインテリア。
 
ホンダが「N-WGN」の仕様・装備を一部変更の画像
「N-WGNカスタム G・Lパッケージ」
「N-WGNカスタム G・Lパッケージ」
「N-WGN G・ターボパッケージ」
「N-WGN G・ターボパッケージ」

今回、N-WGNには、ボディーと同じカラーとメッキを用いたコンビネーショングリルを採用。さらに、落ち着いた雰囲気を演出するブラウン×ベージュの内装色が選べるようになった。一方、N-WGNカスタムは、新意匠のメッキグリルを装着。インテリアについても、LEDルームランプを装備することで質感の向上が図られた。

主な変更点は以下の通り。
【N-WGN】
・ボディー同色でメッキ仕上げとした新作のコンビネーショングリル、クロームメッキアウタードアハンドル(G・Lパッケージ、G・ターボパッケージ)を採用
・ブラウン×ベージュまたはブラックの、2種類のインテリアカラーを設定(G・Lパッケージ、G・ターボパッケージ)
【N-WGNカスタム】
・新作のメッキグリルを装着
・LEDフォグライト+クロームメッキ・フォグライトガーニッシュを装備
・LEDルームランプを採用

両モデルとも、360度スーパーUV・IRカットパッケージやETC車載器、充電用USBジャック(急速充電対応)搭載のナビ装着用スペシャルパッケージをタイプ別で設定するなど、装備の充実が図られている。

ボディーカラーには新色5色(タフタホワイトII、ルナシルバー・メタリック、シャイニンググレー・メタリック、クリスタルブラック・パール、ブリティッシュグリーン・パール)を追加し、全12種類のカラーバリエーションとした。

価格はN-WGNが109万円~145万円、N-WGNカスタムが138万円~164万5000円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-WGNの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ホンダN-BOXスラッシュ(後編) 2014.12.22 画像・写真 カスタムテイストが新しい!? 「ホンダN-BOXスラッシュ」を写真でリポート。
ホームへ戻る