ダイハツ・ムーヴ、新エンジンで燃費向上

2011.11.07 自動車ニュース

「ダイハツ・ムーヴ」、新エンジンで燃費向上

ダイハツ工業は、軽乗用車「ムーヴ」の仕様を一部変更し、2011年11月7日に発売した。

「ダイハツ・ムーヴ」の自然吸気モデル(NAモデル)のパワートレインが変更された。
新しいエンジンは、優れた燃費をウリにする同社の最新型軽「ミラ イース」のもの。トランスミッションについても、「ミラ イース」と同様にメカニカルロスの低減や軽量化などが図られた新しいCVTが与えられた。

さらに、車速が7km/h以下になるとエンジンを“早止め”するアイドリングストップ機構「eco IDLE」や、減速エネルギーの回生機能も採用。10・15モードの燃費値は、27.0km/リッターから30.0km/リッターへと向上した。

同時に、スポーティーな内外装をもつ「カスタム」シリーズはグレード体系が見直され、「カスタムG」が「カスタムXリミテッド」に統合された。
ターボモデルの「カスタムRS」については、技術的な変更はない。

価格は据え置きで、「ムーヴL」(FF車)の112万円から「ムーヴカスタムRS」(4WD車)の161万1000円まで。

(webCG 関)

「ダイハツ・ムーヴX」
「ダイハツ・ムーヴX」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る