第350回:動き出したボルボの新Cセグメント戦略
将来の「ボルボ40シリーズ」はこうなる

2016.06.11 エディターから一言
ボルボは新しい「40シリーズ」の方向性を示唆する2台のコンセプトカーを披露した。
ボルボは新しい「40シリーズ」の方向性を示唆する2台のコンセプトカーを披露した。

2016年5月18日、ボルボは新規開発するコンパクトカーに関する発表を行った。その内容は、まったく新しいプラットフォームに新開発の3気筒エンジンを搭載するほか、プラグインハイブリッドやEVといった次世代パワートレインまで用意するという意欲的なもの。さらに、このクラス専用の新しいデザイン言語を投入するとともに、車両開発の面でも若者向けのフレッシュなアイデアを盛り込むという。新しいコンパクトカーの生産は2017年中に立ち上げる計画だ。

小型SUVの将来を示す「ボルボ・コンセプト40.1」。
小型SUVの将来を示す「ボルボ・コンセプト40.1」。
セダン風のボディーをまとう「ボルボ・コンセプト40.2」。
セダン風のボディーをまとう「ボルボ・コンセプト40.2」。
ボルボのデザイン担当上級副社長、トーマス・インゲンラート氏。今回、2台のコンセプトカーをお披露目した。
ボルボのデザイン担当上級副社長、トーマス・インゲンラート氏。今回、2台のコンセプトカーをお披露目した。

次期40シリーズ用のプラットフォーム「CMA」

ボルボはいま、自動車メーカーとしての自主独立に向けた道のりの真っただ中にある。1927年に創業した同社は、1999年にフォード傘下となり、その車両開発はフォードグループ全体の計画に取り込まれることとなった。言い換えれば、このときからボルボ車の多くはフォードグループ内で共同開発されるようになったのだ。これによって経営的な効率は改善されたものの、1台のクルマをまるごと社内で開発するボルボの自主性が脅かされたのも事実。幸い、フォード傘下に入ってもボルボは自主開発を完全に諦めることはせず、部分的にせよ社内で開発する体制を維持し続けた。

この苦労が日の目を見ることになったのは、2010年にフォードがボルボの株式を手放し、中国のジーリーホールディング(浙江吉利控股集団)が新たな株主となったときのこと。彼らは傘下に自動車メーカーのジーリー(吉利汽車)を収めているとはいえ、ボルボのようなプレミアムカーは手がけていない。したがって、ボルボはあらためて自分たちの力で製品を開発する立場に置かれたのだ。

とはいえ、年産50万台ほどのボルボにプレミアムカーをフルラインナップで用意するのは容易ならざることだった。そこで、Dセグメント以上のモデルはSPA(Scalable Product Architecture)と呼ばれるひとつのプラットフォームに統合。これまで直4、直5、直6、V8とあったエンジンラインナップもDrive-Eと呼ばれる新世代の直4に一本化するという大胆な手法により、「60シリーズ」と「90シリーズ」を独力で構築することができた。

しかし、これだけではSPAの守備範囲外となるCセグメントに参入できない。そこでSPAよりひとまわり小さなプラットフォームのCMA(Compact Modular Architecture)を新たに開発。これをベースにして新しい「40シリーズ」を生み出すことにしたのだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第5回:伊勢・志摩のドライブシーンを写真で紹介 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボで名だたる道を駆け、あこがれの場所に行く。その風景を写真で紹介する。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • 「ボルボV40」にポールスターチューンの限定車登場 2017.10.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター」を設定し、50台の台数限定で発売した。価格は499万円。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • 【LAショー2017】ジープ、新型「ラングラー」をお披露目 2017.11.6 自動車ニュース