ダイハツからFFシャシーの新型軽商用車「ハイゼット キャディー」が登場

2016.06.13 自動車ニュース
「ダイハツ・ハイゼット キャディー」
「ダイハツ・ハイゼット キャディー」

ダイハツ工業は2016年6月13日、新型軽商用車「ハイゼット キャディー」を発表し、同日販売を開始した。

D“デラックスSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。
「D“デラックスSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。
D“デラックスSA II”」の荷室。
「D“デラックスSA II”」の荷室。
D“デラックスSA II”」のリアビュー。
「D“デラックスSA II”」のリアビュー。
「ハイゼット キャディー」のパッケージング。
「ハイゼット キャディー」のパッケージング。
後席を撤去して2人乗車とすることで、商用車に求められる荷室容量を確保している。
後席を撤去して2人乗車とすることで、商用車に求められる荷室容量を確保している。
FFプラットフォームならではの低床設計により、荷室高は「ハイゼット カーゴ」を上回る。
FFプラットフォームならではの低床設計により、荷室高は「ハイゼット カーゴ」を上回る。
荷室後方のラゲッジアンダートランク。
荷室後方のラゲッジアンダートランク。
助手席側の大容量インパネトレイやグローブボックス、運転席側のインパネアッパーボックスなど、収納は充実している。
助手席側の大容量インパネトレイやグローブボックス、運転席側のインパネアッパーボックスなど、収納は充実している。
ボディーカラーは全6色。ただし写真の「ブラックマイカメタリック」「トニコオレンジメタリック」「ミストブルーマイカメタリック」「ライトローズマイカメタリック」「ブライトシルバーメタリック」は有償オプションとなる。
ボディーカラーは全6色。ただし写真の「ブラックマイカメタリック」「トニコオレンジメタリック」「ミストブルーマイカメタリック」「ライトローズマイカメタリック」「ブライトシルバーメタリック」は有償オプションとなる。
ダイハツ工業の上田 亨上級執行役員(写真中央、スーツの人物)と、タレントの菊池桃子さん(同右から3番目)、およびヒアリングや試験運用などを通して、「ハイゼット キャディー」の開発に協力した5社(アートコーポレーション、ダスキン、ドコモ・バイクシェア、花キューピット、プレナス)の担当者。
ダイハツ工業の上田 亨上級執行役員(写真中央、スーツの人物)と、タレントの菊池桃子さん(同右から3番目)、およびヒアリングや試験運用などを通して、「ハイゼット キャディー」の開発に協力した5社(アートコーポレーション、ダスキン、ドコモ・バイクシェア、花キューピット、プレナス)の担当者。

■運転のしやすさや快適性を重視

ダイハツ・ハイゼット キャディーは、トールワゴンタイプの軽乗用車「ウェイク」をベースとした商用モデルであり、リアシートを撤去して2人乗車としている。

製品コンセプトは「はたらく 楽ラク」というもので、商用ニーズにおいても、積載量より車内の静かさや足元スペースの広さ、安全性、運転のしやすさなどを求める声が増えてきたことに加え、軽乗用車を今まで以上に多用途に使うユーザーが増えてきたことなどを考慮。ダイハツは同車について、「荷室優先のクルマづくりから『人の働きやすさ』へと発想を転換した」ものとしている。

ラインナップと価格は以下の通り。

・D(FF):118万8000円
・D(4WD):131万2200円
・D“SA II”(FF):125万2800円
・D“SA II”(4WD):137万7000円
・D“デラックス”(FF):125万8200円
・D“デラックス”(4WD):138万2400円
・D“デラックスSA II”(FF):132万3000円
・D“デラックスSA II”(4WD):144万7200円
・X(FF):135万5400円
・X(4WD):147万9600円
・X“SA II”(FF):142万200円
・X“SA II”(4WD):154万4400円

■FFのプラットフォームがかなえる低床設計

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1850mm、ホイールベース=2455mm。軽商用車としては、FF車用プラットフォームを採用していることと、それによる低床設計が大きな特徴となっており、乗員スペースのフロア高を360mm、シート高を750mmとすることで、優れた乗降性を実現している。

荷室についても595mmという低いフロア高によって楽に荷物の積み下ろしができ、また荷室高については「ハイゼット カーゴ」を上回る1235mmという高さを実現している。荷室長は1310mmで、助手席を倒せば1905mmまで拡大が可能。荷室幅は1210mmとなっており、ダンボール小(497×315×293mm)であれば18箱を積載することができるという。

また樹脂製の床面には脱着式のデッキボードを備えており、荷室後方の大容量アンダートランクに加え、助手席後方にもアンダートランクを確保。デッキボードを外した際の荷室高は、助手席後方では1455mm、荷室後方では1485mm(FF車の数値)となっている。

なお、荷室の耐荷重は150kgとなる。

■他の軽商用車とは一線を画す燃費と安全装備

乗用モデルをベースとすることに由来する、快適性の高さも同車の特長で、とくに静粛性については普通車のバン(FF車)と同等の静かさを実現。先述のシート高に加え、ステアリング角度を30度(ハイゼット カーゴでは38度)とすることで、乗用車とほぼ同じ運転感覚をかなえているという。また助手席の前に備わる約6.6リッターの大容量インパネトレイをはじめ、ダッシュボードまわりには各所に収納スペースを確保。セパレート式のファブリックシートの間にも、トレイやドリンクホルダーなどの収納を設けている。

パワーユニットとトランスミッションについては、ベース車であるウェイクと同様に「KF」型3気筒エンジンとCVTの組み合わせ。「X」「X“SA II”」にはターボエンジンが搭載される。燃費は自然吸気のFF車で25.0km/リッター、4WD車で23.0km/リッター、ターボエンジンのFF車で22.4km/リッター、4WD車で21.8km/リッターとなっており、14.8~17.2km/リッターというハイゼット カーゴを大きく上回る(すべてJC08モード)。

一方、足まわりについては、商用車として求められる耐久性を考慮して、コイルスプリングのばね定数やショックアブソーバーの減衰力特性などを最適化。同時に、ふらつきが小さく車高の高さを感じさせない優れた操縦安定性や、乗り心地のよさも両立したという。

充実した安全装備もセリングポイントで、他の軽商用車ではオプション扱いとなることが多いABS(EBD機能付き)をはじめ、姿勢安定化機構の「VSC&TRC」、エマージェンシーストップシグナル、ヒルホールドシステムを全車に採用。さらに一部のグレードには、自動緊急ブレーキや車線逸脱警報、誤発進抑制制御機能などからなる運転支援システム「スマートアシストII」を標準装備としている。

(webCG)

→「ダイハツ・ハイゼット キャディー」の発表会の様子はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。