【F1 2016 速報】第7戦カナダGP、ハミルトン2連勝

2016.06.13 自動車ニュース

F1世界選手権第7戦カナダGP決勝が、2016年6月12日、カナダはモントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキット(4.361km)を70周して行われた。

得意のカナダでメルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィンを達成。今季初優勝した前戦モナコGPから2連勝、モントリオールでは5勝目、自身通算45勝目をあげた。

2位はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。3番グリッドからスタートでトップを奪うも、メルセデス攻略のために編み出した変則2ストップ作戦は成功せず、5秒差で勝利を逃した。

3位にはウィリアムズ・メルセデスのバルテリ・ボッタスが入った。2ストップのレッドブル勢などを抑え、1ストップで自身とチーム双方にとっての今季初表彰台を獲得した。

レッドブル・タグ・ホイヤーのマックス・フェルスタッペンがグリッドから1つ順位を上げ4位でゴール。メルセデスのニコ・ロズベルグは、予選2位からのスタートでハミルトンと軽く接触、残り1周でフェルスタッペンを抜こうとしスピンするなどし5位でレースを終えた。
フェラーリのキミ・ライコネンは予選と同じ6位で完走。レッドブルのダニエル・リカルドは4番グリッドから後退し7位でチェッカードフラッグを受けた。フォースインディア・メルセデスはニコ・ヒュルケンベルグ8位、セルジオ・ペレス10位と2台そろって入賞。トロロッソ・フェラーリのカルロス・サインツJr.はギアボックス交換のペナルティーで20番グリッドと後方スタートながら9位入賞を果たした。

以下、11位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、12位ダニール・クビアト(トロロッソ)、13位エステバン・グティエレス(ハース・フェラーリ)、14位ロメ・グロジャン(ハース)、15位マーカス・エリクソン(ザウバー・フェラーリ)、16位ケビン・マグヌッセン(ルノー)、17位パスカル・ウェーレイン(マノー・メルセデス)、18位フェリッペ・ナッサー(ザウバー)、19位リオ・ハリアント(マノー)が完走した。

ポイントリーダーのロズベルグは116点でその座を守るも、ランキング2位ハミルトンとの差は24点から一気に9点まで縮まった。その下は、3位に78点のベッテルが上がり、4位リカルド72点、5位ライコネンは69点と混戦模様だ。
コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデスが223点と抜きんでており、2位フェラーリ147点と3位レッドブル130点がナンバー2のポジションを争っている。4位ウィリアムズは81点、5位フォースインディアは42点を集めている。

(文=bg)

 
【F1 2016 速報】第7戦カナダGP、ハミルトン2連勝の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。