トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ

2016.06.13 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオF“EXパッケージ”」
「トヨタ・プレミオF“EXパッケージ”」

トヨタ自動車は2016年6月13日、5ナンバーサイズの4ドアセダン「プレミオ」「アリオン」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。

「プレミオF“EXパッケージ”」のリアビュー。
「プレミオF“EXパッケージ”」のリアビュー。
新色の「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」が用いられた「アリオンA15“G-plusパッケージ”」。
新色の「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」が用いられた「アリオンA15“G-plusパッケージ”」。
「プレミオG“EXパッケージ”」のインストゥルメントパネルまわり。
「プレミオG“EXパッケージ”」のインストゥルメントパネルまわり。
「アリオンA15“G-plusパッケージ”」のシート。
「アリオンA15“G-plusパッケージ”」のシート。
フロントウィンドウに装備された「Toyota Safety Sense C」のセンサー。
フロントウィンドウに装備された「Toyota Safety Sense C」のセンサー。

■内外装のデザインを変更し、安全装備を強化

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを大きく変更。エクステリアでは特にフロントまわりの意匠を一新した。具体的には、プレミオではメッキをあしらった横バータイプの、アリオンでは細かいブロックメッシュタイプのフロントグリルを採用するとともに、ヘッドランプの形状もよりシャープなものへと変更している。また、リアまわりではテールランプに手を加えており、プレミオではC字形のグラフィックと深みのあるレンズ色が特徴のものを、アリオンでは奥行きのある造形と6眼式のストップランプを取り入れたものを採用した。カラーバリエーションについては、新色の「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」を含む5色を新たに採用し、全8色の設定とした。

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルやセンタークラスター、シフトセレクターまわりの意匠を変更。メーターには4.2インチのカラーTFT液晶ディスプレイを装備するとともに、照明と指針の色を白に統一することで視認性を高めている。内装色はブラックが基調で、本革シートにはブラウンを採用。ファブリックシートの色はアイボリーに代えて明るいフラクセンとした。

装備の強化も図っており、新たに赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」や、駐車時などでの衝突事故の予防および被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」を採用(プレミオの「F」「X」、アリオンの「A15」「A18」にオプション設定。その他のグレードに標準装備)。また、AT誤発進抑制制御機能の「ドライブスタートコントロール」と緊急ブレーキシグナルを、全車標準装備とした。

価格は、プレミオが190万8655円~271万1782円、アリオンが189万7855円~267万5455円。

(webCG)
 

関連キーワード:
プレミオアリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】 2010.3.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
    ……502万8000円/487万3000円

    トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】NEW 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る