ポルシェ911タルガ4S(4WD/7AT)

妙味がある 2016.06.17 試乗記 新たに直噴ターボエンジンが搭載された「ポルシェ911」シリーズに、伝統のオープントップモデル「タルガ」が登場。“スポーツカーの王道”とも称される911の走りと電動開閉するルーフのギミックが織り成す、無二の魅力に触れた。

デルソルを彷彿させる

新しき「991 II」型「タルガ4S」に乗りぬ。まことに僥倖(ぎょうこう)というべし。レーシングイエローなるボディーカラー、色鮮やかにして目立つこと甚だし。然(しか)れども最大のハイライトはそのシルヴァーに輝くロールバーと後部ガラスが織りなすモダン感覚なり。あまりにフツウの感想しか出てこないゆえ、文体で誤魔化(ごまか)そうと試みしも、最後までデタラメ古文調では編集部からも読者からも怒られるべし。

ということで、新しい3リッター過給エンジンが搭載された911タルガ4Sに試乗するという僥倖に恵まれた。まことに僥倖というべし。タルガというのがいい。タルガは1965年に誕生した。あれからおよそ半世紀。より長く、より幅広く、おわん型の911を上から押しつぶした現行991型にタルガはとってもよく似合う。トラッド一辺倒だった911さんがちょっとモードなファッションを取り入れた感じがする。

しかもこれ、ご存じのように全自動で開いたり閉まったりする。その動きはさながら「ホンダCR-Xデルソル」を彷彿(ほうふつ)させた。1992年にデルソルが出た時、筆者は藤子不二雄のマンガ『黒ベエ』に登場する巨大な機械を思い出したのだった。それは単にジャンケンをするだけのマシンで、藤子不二雄はなんでも全自動化しようとする世の中を風刺していたのだと思われる(1969年の作品で、筆者は単行本で読んだ)。つまり、筆者はデルソルをそのジャンケンをするためだけの機械のようなモノだと判断したのだけれど、徳大寺有恒さんは「なかなかいい」と高く評価しておられた。

シルバーのロールバーが特徴的な「ポルシェ911タルガ」。もとは、オープントップでアメリカの厳しい安全基準をクリアするために考案されたボディー形状だった。
「タルガ4S」のインテリア。テスト車にはオプションで用意されるレザー内装が用いられていた。
シートにはテスト車に装備されていた標準タイプのものに加え、よりサイドサポートの張り出した「スポーツシート・プラス」や、「スポーツ・バケットシート」なども用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911タルガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る