写真は、今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦した「インプレッサWRX STI tS」ベースのマシン。「S206」にもSTIがレースで培ってきた技術が盛り込まれる。
STI、“スペシャル版インプレッサ”「S206」を出展

STI、“スペシャル版インプレッサ”「S206」を出展

富士重工業は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに、同車のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)が開発したコンプリートカー「S206」を出展すると発表した。

「S206」は、4ドアセダン版の「スバル・インプレッサWRX STI」をベースに、STIが独自のチューニングを施したコンプリートカー。「操縦安定性やハンドリング性能を極限まで磨き上げたモデル」だという。東京モーターショーの開催に先立って、11月24日に発売される。

STIは今年6月、「スバル・インプレッサWRX STI(4ドア)」ベースのマシンでニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、2リッター以下のターボ車クラスで優勝している。
東京モーターショーでは、これを記念する「S206」のスペシャルパッケージ版も公開される見通しとなっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る