カンヌ映画際がテーマの特別な「ルノー・キャプチャー」登場

2016.06.23 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。

ルノー・ジャポンは2016年6月23日、クロスオーバー車「キャプチャー」の特別仕様車「カンヌ」を50台限定で発売した。

外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
専用レザーシート
専用レザーシート
9インチSDナビゲーションシステム
9インチSDナビゲーションシステム
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。

キャプチャー カンヌは、上級グレード「インテンス」をベースに、ルノーがカンヌ映画祭に提供するオフィシャルカーをモチーフに内外装をコーディネートした特別仕様車である。

カンヌ映画祭は、世界3大映画祭のひとつにも数えられるフランスを代表する映画の祭典で、ルノーは1983年からこのイベントをサポートしており、2016年5月に開催された第69回カンヌ映画祭には300台を超えるオフィシャルカーを提供している。

具体的な特別装備は以下の通り。
・専用レザーシート(前席シートヒーター付き)
・9インチSDナビゲーションシステム
・カンヌ映画祭公式エンブレムデカール(左右)
・アルミ製ペダル
・自動防眩(ぼうげん)ルームミラー
・サングラスホルダー

外装色は「ブルー マリーン フュメ」と「イヴォワール」の2種類で、ともにルーフを「カプチーノ メタリック」で塗り分けた、カタログモデルにはないツートン仕様となっている。内装色はいずれもブラウンとダークカーボンの組み合わせで、こちらも同車専用色となる。

価格は289万円。販売台数は「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」が20台、「イヴォワール+カプチーノ メタリック」が30台。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
ホームへ戻る