カンヌ映画際がテーマの特別な「ルノー・キャプチャー」登場

2016.06.23 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。

ルノー・ジャポンは2016年6月23日、クロスオーバー車「キャプチャー」の特別仕様車「カンヌ」を50台限定で発売した。

外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
専用レザーシート
専用レザーシート
9インチSDナビゲーションシステム
9インチSDナビゲーションシステム
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。

キャプチャー カンヌは、上級グレード「インテンス」をベースに、ルノーがカンヌ映画祭に提供するオフィシャルカーをモチーフに内外装をコーディネートした特別仕様車である。

カンヌ映画祭は、世界3大映画祭のひとつにも数えられるフランスを代表する映画の祭典で、ルノーは1983年からこのイベントをサポートしており、2016年5月に開催された第69回カンヌ映画祭には300台を超えるオフィシャルカーを提供している。

具体的な特別装備は以下の通り。
・専用レザーシート(前席シートヒーター付き)
・9インチSDナビゲーションシステム
・カンヌ映画祭公式エンブレムデカール(左右)
・アルミ製ペダル
・自動防眩(ぼうげん)ルームミラー
・サングラスホルダー

外装色は「ブルー マリーン フュメ」と「イヴォワール」の2種類で、ともにルーフを「カプチーノ メタリック」で塗り分けた、カタログモデルにはないツートン仕様となっている。内装色はいずれもブラウンとダークカーボンの組み合わせで、こちらも同車専用色となる。

価格は289万円。販売台数は「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」が20台、「イヴォワール+カプチーノ メタリック」が30台。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • スバル、アイサイトの機能を大幅に強化 2017.6.19 自動車ニュース スバルは2017年6月19日、運転支援システム「アイサイト」の機能を大幅に強化し、今夏に発表予定の改良型「レヴォーグ」と「WRX S4」に搭載すると発表した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • 「レクサスCT」がマイナーチェンジ 内外装をリファイン 2017.6.15 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月15日、マイナーチェンジしたコンパクトハッチバック「レクサスCT」のデザインを世界初公開した。日本での発売は、2017年秋頃となる予定。
ホームへ戻る