カンヌ映画際がテーマの特別な「ルノー・キャプチャー」登場

2016.06.23 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。

ルノー・ジャポンは2016年6月23日、クロスオーバー車「キャプチャー」の特別仕様車「カンヌ」を50台限定で発売した。

外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
専用レザーシート
専用レザーシート
9インチSDナビゲーションシステム
9インチSDナビゲーションシステム
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。

キャプチャー カンヌは、上級グレード「インテンス」をベースに、ルノーがカンヌ映画祭に提供するオフィシャルカーをモチーフに内外装をコーディネートした特別仕様車である。

カンヌ映画祭は、世界3大映画祭のひとつにも数えられるフランスを代表する映画の祭典で、ルノーは1983年からこのイベントをサポートしており、2016年5月に開催された第69回カンヌ映画祭には300台を超えるオフィシャルカーを提供している。

具体的な特別装備は以下の通り。
・専用レザーシート(前席シートヒーター付き)
・9インチSDナビゲーションシステム
・カンヌ映画祭公式エンブレムデカール(左右)
・アルミ製ペダル
・自動防眩(ぼうげん)ルームミラー
・サングラスホルダー

外装色は「ブルー マリーン フュメ」と「イヴォワール」の2種類で、ともにルーフを「カプチーノ メタリック」で塗り分けた、カタログモデルにはないツートン仕様となっている。内装色はいずれもブラウンとダークカーボンの組み合わせで、こちらも同車専用色となる。

価格は289万円。販売台数は「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」が20台、「イヴォワール+カプチーノ メタリック」が30台。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • パリモーターショー2016の会場から(その5) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。ルノーは、EVコンセプトカーの「TREZOR(トレゾア)」を公開した。また、航続距離を300km以上に改善したEV「ZOE(ゾエ)」のマイナーチェンジモデルや、新型「コレオス」も展示した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • ルノー・キャプチャー ゼン(FF/6AT)【試乗記】 2014.4.8 試乗記 単なるお買い得仕様にあらず。「ルノー・キャプチャー」のエントリーグレード「ゼン」の、上級グレードとはひと味違う魅力に触れた。
ホームへ戻る