カンヌ映画際がテーマの特別な「ルノー・キャプチャー」登場

2016.06.23 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。

ルノー・ジャポンは2016年6月23日、クロスオーバー車「キャプチャー」の特別仕様車「カンヌ」を50台限定で発売した。

外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
専用レザーシート
専用レザーシート
9インチSDナビゲーションシステム
9インチSDナビゲーションシステム
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。

キャプチャー カンヌは、上級グレード「インテンス」をベースに、ルノーがカンヌ映画祭に提供するオフィシャルカーをモチーフに内外装をコーディネートした特別仕様車である。

カンヌ映画祭は、世界3大映画祭のひとつにも数えられるフランスを代表する映画の祭典で、ルノーは1983年からこのイベントをサポートしており、2016年5月に開催された第69回カンヌ映画祭には300台を超えるオフィシャルカーを提供している。

具体的な特別装備は以下の通り。
・専用レザーシート(前席シートヒーター付き)
・9インチSDナビゲーションシステム
・カンヌ映画祭公式エンブレムデカール(左右)
・アルミ製ペダル
・自動防眩(ぼうげん)ルームミラー
・サングラスホルダー

外装色は「ブルー マリーン フュメ」と「イヴォワール」の2種類で、ともにルーフを「カプチーノ メタリック」で塗り分けた、カタログモデルにはないツートン仕様となっている。内装色はいずれもブラウンとダークカーボンの組み合わせで、こちらも同車専用色となる。

価格は289万円。販売台数は「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」が20台、「イヴォワール+カプチーノ メタリック」が30台。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る