第454回:ランボルギーニ親子ゆかりのルートに完成!
“イタリア版・新東名”はこんな道

2016.06.17 エッセイ

日本でいうなら東名高速

今年2016年は、ランボルギーニの創始者フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年である。彼の子息トニーノが筆者に語ってくれた草創期の思い出話がある。ときは1960年代。

「おやじと一緒にクルマ(ランボルギーニ)に乗って、フェラーリやマセラティのドライバーを待ち構えているんだ」。

そして、彼らを見つけた途端、抜きつ抜かれつのバトルを仕掛ける。スーパースポーツカー乗りは、速いクルマへの関心を絶やさない。

「そこで、次のサービスエリアですかさずLamborghiniの名刺を渡す、というわけだ」

その舞台となったのはイタリアの自動車専用道路であるアウトストラーダのA1号線、通称「太陽の道」のボローニャ~フィレンツェ区間だ。太陽の道は、北部ミラノからボローニャへと東に向かったあと、フィレンツェ、ローマを経てナポリまで半島を南下する、イタリアの大動脈である。日本でいえば、役割は東名高速道路に近い。

ボローニャ~フィレンツェ間は、1960年12月に開通した。アペニン山脈にかかる峠であるため、フィレンツェに向かって、きつい下りカーブが連続する。当時のスポーツカー乗りにとっては、まさにドライブ天国だったという。フェルッチオと息子のトニーノは、そこで“路上セールス”を繰り返していたというわけだ。

アウトストラーダA1号線「太陽の道」。写真はローマ~フィレンツェ間でのもの。
アウトストラーダA1号線「太陽の道」。写真はローマ~フィレンツェ間でのもの。
「太陽の道」では、たびたび高速鉄道と並行して走る。写真の列車は「Freccia rossa(フレッチャロッサ)号」。フレッチャロッサとは「赤い矢」。イタリア版レッドアロー号である。
「太陽の道」では、たびたび高速鉄道と並行して走る。写真の列車は「Freccia rossa(フレッチャロッサ)号」。フレッチャロッサとは「赤い矢」。イタリア版レッドアロー号である。
ボローニャ~フィレンツェ間は、「太陽の道」最大の難所だった。走行車線には大型トラックの列が。
ボローニャ~フィレンツェ間は、「太陽の道」最大の難所だった。走行車線には大型トラックの列が。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。