アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)

アウディらしさの再定義 2016.06.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも決して侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。

FFにはFFの良さがある

アウディA4が新しくなった。外観イメージはそのまま継承しつつ、中身はプラットフォームごとすべて刷新され少し大きくなった。アバントとはワゴン形式を意味するアウディ流の呼称で、同社のスローガン「技術による先進」のさきがけとなった「アウディ100」の時代からそう呼ばれている。
アウディ100は空力特性の権化ともいえ、実用車であっても空気抵抗の重要性を世に知らしめた歴史的な名車だ。そして今やA4アバントでは、Cd値=0.26というクラス最良のレベルを実現している。数値そのものはセダンの方が0.23とさらに小さいが、空力重心の位置が後方にくるワゴンボディーの方が横風安定性などは有利か。

A4に搭載されるエンジンは排気量2リッターの新しい4気筒直噴ターボで、クワトロ用の252psとFF用の190psの2種が用意される。今回試乗したのは後者で、JC08モード燃費は18.4km/リッターに向上している。組み合わされるギアボックスは7段Sトロニックのみ。

ところでアウディといえば四輪駆動のクワトロがその代名詞でもあるが、シンプルに前2輪を駆動するFFモデルも決して侮ってはいけない。駆動輪と操向輪が同じであるがゆえ、前2輪さえしっかりミューが確保されている路上にあれば、後輪は水の中だろうがそろばん玉の上だろうがお構いなしに脱出できる。
四駆は能力が高いだけにドライバーが過信しやすいともいえるし、後軸はそのままに、前輪の動きだけでノーズを横移動させたいような場面ではFFにかなわない。切り返してUターンできない行き止まりのようなタイトな状況では有利だ。それに価格が少し安いのも魅力である。

試乗車はより引き締まった足まわりなどを持つ「スポーツ」仕様。車両本体価格は585万円。
試乗車はより引き締まった足まわりなどを持つ「スポーツ」仕様。車両本体価格は585万円。
試乗車はよりスポーティーな装いとなる「S lineパッケージ」装着車。インパネなどに「マットブラッシュトアルミニウム」のパネルが張られる。
試乗車はよりスポーティーな装いとなる「S lineパッケージ」装着車。インパネなどに「マットブラッシュトアルミニウム」のパネルが張られる。
FFモデルに搭載される2リッター直4ターボエンジンは190psと32.6kgmを発生。
FFモデルに搭載される2リッター直4ターボエンジンは190psと32.6kgmを発生。
試乗車のボディーカラーは「グレイシアホワイト メタリック」。
試乗車のボディーカラーは「グレイシアホワイト メタリック」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
ホームへ戻る