「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(後編)

2016.06.16 mobileCG

「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(後編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「レクサスGS F」に試乗する。5リッターの自然吸気V8ユニットを搭載するハイパフォーマンスレクサスは、いったいどんなドライバーにお薦めなのか。谷口が指南する!

■積極的に走りたいオトナなドライバー氏へ

前編で谷口信輝がレクサスGS Fの足まわりを表現するときに持ち出した「管理職が情報を握りつぶして社長に伝えない」というたとえ話は、谷口が厳しい評価を下した「メルセデス・ベンツC200アバンギャルド」に試乗したときに語った内容とまったく同じ。果たして、谷口はGS Fのどこが気に入らなかったのだろうか?

「あ、それは全然違いますよ」と谷口。「僕は全然、レクサスGS Fを酷評するつもりなんかありませんし、もし知り合いから相談されたら積極的に薦めますよ、GS Fのことを……」

では、どうしてそんな表現を持ち出したのか?
「僕自身はレーシングドライバーだから、いつだってタイヤと会話しながら走りたいと思っています。そういう人にとっては、快適性を優先してタイヤからの情報を一部ドライバーに伝えないGS Fは物足りない部分もある。でもね、僕よりもっとオトナの人だったら、余計な情報はシャットアウトしたGS Fみたいなクルマのほうが乗りやすいってこともあるだろうし、それはそれで全然構わないんです」

とはいえ、サスペンションが柔らかければステアリングのレスポンスもあまりシャープではないはず。「いやいや、そんなことないですよ」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
GSレクサス

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
ホームへ戻る