ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)

男子三日会わざれば 2016.06.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。

なでしこ以来のインパクト

「製品の発表ではない。ブランドの再発表である」。メーカーみずから、そう定義する意欲作である。実際それは会心作であった。13年ぶりに完全新型となったXC90は、100%自社開発のプラットフォームと、100%自社開発のパワートレイン、それに新しいデザイン言語による新しい顔をつくり出すことによって、ボルボ史に新しいページを書き加えた。

男子三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ、と申します。今度のボルボは目をこすって見るにふさわしい。フォードから中国メーカーに売却されたボルボの首脳陣は、これが最後のチャンスである、と覚悟したにちがいない。改心して会心作が生まれた。これは乾坤一擲(けんこんいってき)、復活の物語でもある。かようなワクワク感は、思えば2011年夏、FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会において、なでしこジャパンが優勝して以来である、筆者の場合。

この大会、筆者は知人カメラマン氏の山梨の実家で深夜未明に見た。2011年、筆者は知人実家宅の48インチ液晶巨大画面にも感激したのであるが、それと同種の感動が新型XC90にはあった。とりわけ内装には、スティーブ・ジョブズがアップルに復帰して放ったiMacやiPhoneに初めて触れたときの心の動きに近いものを感じた。いやはや、すばらしいのですよ、XC90は。

2015年9月に世界初公開された2代目「ボルボXC90」。初代のデビューは2002年のデトロイトショーなので、実に13年ぶりの新型の登場となる。
2015年9月に世界初公開された2代目「ボルボXC90」。初代のデビューは2002年のデトロイトショーなので、実に13年ぶりの新型の登場となる。
「XC90」のインストゥルメントパネルまわり。「T6 AWD インスクリプション」にはウォールナットウッドの装飾パネルが用いられている。
「XC90」のインストゥルメントパネルまわり。「T6 AWD インスクリプション」にはウォールナットウッドの装飾パネルが用いられている。
「T6 AWD インスクリプション」のシート表皮は、パーフォレーテッド・ファインナッパレザー。色は「ブロンド」「チャコール」「アンバー」(写真)の3色が用意されている。
「T6 AWD インスクリプション」のシート表皮は、パーフォレーテッド・ファインナッパレザー。色は「ブロンド」「チャコール」「アンバー」(写真)の3色が用意されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボXC90 T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.31 試乗記 ボルボのフラッグシップSUV「XC90」の最上級グレード「T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション」に試乗。北欧製のプラグインハイブリッドシステムがかなえる走りと、ボルボ最新のインターフェイスの出来栄えをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
ホームへ戻る