「アストンマーティンDB9」に“最後の”限定モデル

2016.06.16 自動車ニュース
「アストンマーティンDB9 Last of 9
「アストンマーティンDB9 Last of 9」

アストンマーティン・ジャパンは2016年6月16日、「DB9」の最終モデル「Last of 9」を発表した。

 
「アストンマーティンDB9」に“最後の”限定モデルの画像
 
「アストンマーティンDB9」に“最後の”限定モデルの画像
 
「アストンマーティンDB9」に“最後の”限定モデルの画像
 
「アストンマーティンDB9」に“最後の”限定モデルの画像

■13年にわたるモデルライフの締めくくりを飾る一台

今回発表されたLast of 9は、DB9の生産終了に伴って設定された最終モデルであり、「クーペ」と「ヴォランテ」がそれぞれ9台ずつ、計18台が生産される。日本へ導入されるのはクーペが3台のみとなる。価格は3319万7000円。

特徴はアストンマーティンのビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた内外装にあり、「Qヘリテージ・カンバーランド・グレイ」で塗装されたボディーには、フロントとリアにマザーオブパール製のインレイウイングを、フェンダーにはブラック塗装の「Last of 9」バッジを採用。6リッターV12エンジンにも「Q by Aston Martin」のプレートが装着されている。

一方、インテリアにはサンドストーム・ゴールドレザーの装飾ピンストライプを備えた、セミアニリン・ビターチョコレート・カラーの本革シートを装備。ヘッドライニングにはカシミヤを、インストゥルメントパネルのセンタークラスターは「フィドルバック」と呼ばれるウッドパネルを用いており、ビレットアルミニウム製のロータリースイッチには、機械加工による飾り模様を施している。

このほかにも、購入者には生産プロセスを記録した「Q by Aston Martinブック」を贈呈するほか、アストンマーティン・オーナーズ・クラブへの登録を公式に実施。これによってクルマの出自が明らかになるとともに、コレクターズ・アイテムとしての価値も高められるという。さらに購入者は、アストンマーティン本社を訪れ、クルマの生産工程を見学することもできる。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加 2017.6.29 自動車ニュース 英アストンマーティンは2017年6月28日(現地時間)、「DB11」に4リッターV8ツインターボエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。最高出力510ps、最大トルク675Nmを発生。0-100km/h加速が4.0秒、最高速度は187mph(約300km/h)の動力性能を誇る。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る