第125回:よみがえったちょびヒゲ男がクルマでドイツ周遊
『帰ってきたヒトラー』

2016.06.17 エッセイ

1945年から2014年にタイムスリップ

ヒトラーは映画の素材として根強い人気がある。古典的名作が『独裁者』だ。チャップリンはもともと蓄えていたちょびヒゲを生かしてヒトラーになりきった。彼の顔は記号性が極めて強く、髪型とヒゲだけで表現できる。チャップリンもそうだが、俳優の顔がヒトラーに似ていなくても問題はない。

ナチスの所業が広く知られていることも、映画を成立させやすい理由だ。ストーリーを語るのに、細かい説明をする必要がない。ナチスは絶対悪として扱われることになっているから、役割が明確なのだ。タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』のように、史実を曲げてヒトラー暗殺を成功させてしまうことすらできる。『アイアン・スカイ』に至っては、月の裏に隠れていたナチス残党が地球に攻めてくる話だった。

『帰ってきたヒトラー』も、ファンタジー色の強い作品だ。自殺したはずのヒトラーがよみがえり、タイムスリップして2014年のドイツに現れる。植え込みの陰で目覚めた彼は、心配そうに見つめるサッカー少年をヒトラーユーゲントだと思い込んだ。「デーニッツ元帥はどこだ?」と問いかけるが、わかるわけがない。やっとのことでブランデンブルグ門にたどり着くと、“ヒトラーコスプレ”に気づいた人々がスマホ片手に集まってくる。

ⓒ2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。