「メルセデス・ベンツGクラス」のAMGモデルに特別な内外装の限定車

2016.06.17 自動車ニュース
「メルセデスAMG G65エディション463」

メルセデス・ベンツ日本は2016年6月17日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63エディション463」と「G65エディション463」の注文受け付けを開始した。

「G65エディション463」の内装。色は「designoブラック/ブラック」。
「G63エディション463」。外装色は「designoミスティックホワイトII」。
「G63エディション463」の内装。色は「ポーセレン/ブラック」。
「G63エディション463」。外装色は「オブシディアンブラック」。
「G63エディション463」の内装。色は「designoライトブラウン/ブラック」。
「G63エディション463」(左)と「G65エディション463」(右)。

「G63」が93台、「G65」が3台の限定販売

今回のG63エディション463、G65エディション463は、GクラスのAMGモデル2車種をベースに、オフロード車ならではの走破性の高さとスポーティーなイメージを強調する装備を内外装に取り入れた特別仕様車である。車名の「463」とはGクラスの開発コードに由来する。

具体的な特別装備は以下の通り。

【G63エディション463】
・ブラックペイント21インチAMG5ツインスポークアルミホイール
・ステンレスアンダーカバー
・ダークアルミニウム調ストリップライン
・AMGスポーツストライプ
・カーボン調レザーシート
・ツートンダッシュボード
・AMGカーボンファイバーインテリアトリム
・designoエクスクルーシブインテリアパッケージ(ダイヤモンドステッチバイカラーインテリア<シート、ドア内張り>+designoエクスクルーシブレザーシート<前席・後席シートヒーター付き>+AMGスポーツシート<前席>)

【G65エディション463】
・セラミックポリッシュ21インチAMG5ツインスポークアルミホイール
・ステンレスアンダーカバー
・ダークアルミニウム調ストリップライン
・AMGスポーツストライプ
・カーボン調レザーシート
・AMGカーボンファイバーインテリアトリム

ボディーカラーは、G63が「designoミスティックホワイトII」と「オブシディアンブラック(メタリックペイント)」の2色で、前者には「designoポーセレン/ブラック」の、後者には「designoライトブラウン/ブラック」のツートンカラーのインテリアが組み合わされる。

一方、G65のボディーカラーは「designoグラファイト(メタリックペイント)」のみ。インテリアは「designoブラック/ブラック」のモノトーンとなる。

販売台数は、G63が93台、G65が3台の限定。G63については、designoミスティックホワイトIIが52台、オブシディアンブラックが41台という内訳になっている。

価格は以下の通り。
・メルセデスAMG G63エディション463:2160万円
・メルセデスAMG G65エディション463:3672万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る