プジョー、新型SUV「3008」のスポーティーモデルを発表

2016.06.17 自動車ニュース
「プジョー3008 GT」
「プジョー3008 GT」

仏プジョーは2016年6月16日、新型SUV「3008」のスポーティーモデル「3008 GT」「3008 GTライン」の概要を発表した。本国では同年10月の発売を予定している。

「3008 GTライン」
「3008 GTライン」
内装色はグレー。アルカンターラを使用したシートやクロームパーツなどが採用される。
内装色はグレー。アルカンターラを使用したシートやクロームパーツなどが採用される。

■GTには2リッターディーゼルと6段ATを搭載

新型プジョー3008は、2016年10月のパリモーターショーで世界初公開される予定のCセグメントSUVである。今回情報が公開された「3008 GT」は、同車のスポーティーモデルにあたり、「BlueHDi 180 S&S」と呼ばれる2リッターディーゼルエンジンとトルクコンバーター式6段ATが採用されている。また「クープ・フランシュ」と呼ばれるツートンのボディーカラーも特徴とされる。

一方、「GTライン」は「価格訴求力を持ったエンジンを搭載しながらスポーティーさと高級感あふれるエクステリアを両立」させたモデルと説明されており、フロントサイドとテールゲートに配した「GT Line」のバッジに加え、以下の装備が備わっているという。

・フルLEDライトと専用グリルを装備したフロントバンパー
・クローム仕上げのヘッドライトユニット、ウェザーストリップ
・クローム処理を施したダブルエキゾーストパイプ
・新しい「ブラックダイヤモンド・ガラスルーフ」
・ツートンボディーカラー「クープ・フランシュ」(オプション)

このほかにも、ツートンの18インチアロイホイールやブラックドアミラーカバーも採用。なお、GTのドアミラーカバーはクローム仕上げとなっている。

一方、インテリアについては他のGTシリーズと共通のイメージでまとめており、グレーの内装色やアルカンターラを使用したシート、クロームパーツなどを採用している。

なお、3008 GTと3008 GTラインの日本導入については未定とのこと。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る