プジョー、新型SUV「3008」のスポーティーモデルを発表

2016.06.17 自動車ニュース
「プジョー3008 GT」
「プジョー3008 GT」

仏プジョーは2016年6月16日、新型SUV「3008」のスポーティーモデル「3008 GT」「3008 GTライン」の概要を発表した。本国では同年10月の発売を予定している。

「3008 GTライン」
「3008 GTライン」
内装色はグレー。アルカンターラを使用したシートやクロームパーツなどが採用される。
内装色はグレー。アルカンターラを使用したシートやクロームパーツなどが採用される。

■GTには2リッターディーゼルと6段ATを搭載

新型プジョー3008は、2016年10月のパリモーターショーで世界初公開される予定のCセグメントSUVである。今回情報が公開された「3008 GT」は、同車のスポーティーモデルにあたり、「BlueHDi 180 S&S」と呼ばれる2リッターディーゼルエンジンとトルクコンバーター式6段ATが採用されている。また「クープ・フランシュ」と呼ばれるツートンのボディーカラーも特徴とされる。

一方、「GTライン」は「価格訴求力を持ったエンジンを搭載しながらスポーティーさと高級感あふれるエクステリアを両立」させたモデルと説明されており、フロントサイドとテールゲートに配した「GT Line」のバッジに加え、以下の装備が備わっているという。

・フルLEDライトと専用グリルを装備したフロントバンパー
・クローム仕上げのヘッドライトユニット、ウェザーストリップ
・クローム処理を施したダブルエキゾーストパイプ
・新しい「ブラックダイヤモンド・ガラスルーフ」
・ツートンボディーカラー「クープ・フランシュ」(オプション)

このほかにも、ツートンの18インチアロイホイールやブラックドアミラーカバーも採用。なお、GTのドアミラーカバーはクローム仕上げとなっている。

一方、インテリアについては他のGTシリーズと共通のイメージでまとめており、グレーの内装色やアルカンターラを使用したシート、クロームパーツなどを採用している。

なお、3008 GTと3008 GTラインの日本導入については未定とのこと。

(webCG)
 

関連キーワード:
3008プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る