マクラーレン570GT(MR/7AT)

毎日乗りたくなるマクラーレン 2016.06.23 試乗記 マクラーレンの中でベーシックかつピュアな魅力を持つ「スポーツシリーズ」。その第3弾となる「570GT」に試乗した。このモデルのテーマは、日常的な使いやすさと快適性のさらなる改善。その狙い通り、毎日乗りたくなるスーパースポーツカーに仕上がっていた。

GTと名付けられた理由

1970年代に多感な少年期を過ごした私にとって、ファストバックはかっこいいクルマの代表だった。ルーフからテールエンドに向けてなだからに下降するスタイリングは優れた空力特性(実際はそうとも言い切れないことが今回わかった)を象徴するもので、高性能車には必要不可欠なデザインだと勝手に思い込んでいたのである。そんな私だから、ガラス製テールゲートでファストバックに仕立てられたマクラーレン570GTをジュネーブショーで目の当たりにしたときには、胸が高鳴るのを抑えきれなかった。

もっとも、その目的がラゲッジルームを作り出すためと聞いて、頭の上にクエスチョンマークがいくつか浮かび上がったのも事実。なにしろ、ミドシップレイアウトを採用するマクラーレンゆえ、いくらファストバックにしてもテールゲートの下側に生まれる空間は限られている。それをもってしてGT=グランツーリズモを名乗るのは、技術的な裏付けを何よりも大切にしてきたマクラーレンにはふさわしくないように思われたのである。

しかし、彼らがGTというモデル名を与えた背景には、われわれには思いもよらないような事情が隠されていた。マクラーレンが手がけるロードカーといえば、快適な乗り心地や広々とした視界など、スーパースポーツカーの常識を塗り替える優れた実用性を備えていることで知られるが、そうした認識は一部のエンスージアストに限られているらしく、裕福なご婦人の中には「マクラーレンは過激なスポーツカー。私たちはもっとラグジュアリーなアストンマーティンを選びましょう」と伴侶を説得にかかる向きが少なくないらしい。

そうした人々に親しみやすい印象を与えるために誕生したのが570GTなのだ。グランツーリズモと聞けば、いかにも乗り心地が快適で実用性も高そう。そこで心を開いてくれた人々にマクラーレンの真価を体験してもらい、新しい顧客層の開拓に結びつけることが570GTの使命なのである。

キャビンの後方に「ツーリングデッキ」と呼ばれるラゲッジスペースが設けられた「570GT」。外観はファストバックスタイルが強調された。
ガラスハッチは左ハンドル仕様(写真)なら左側を軸、右ハンドルなら右側を軸にして開くようになっている。
シート後方に設けられた「ツーリングデッキ」の容量は220リッター。フロントフード下のラゲッジスペースと合わせると370リッターになる。
「570GT」は2016年3月のジュネーブショーで世界デビューを果たした。日本市場での車両価格は2752万7000円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

570GTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編) 2016.8.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マクラーレン570Sクーペ」に試乗。レーシングドライバー視点で570Sクーペを語る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る