ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も

2016.06.20 自動車ニュース
「ダイハツ・キャスト スタイル」。「カーボン調/ワインレッド」の「デザインフィルムトップ」が用いられている。
「ダイハツ・キャスト スタイル」。「カーボン調/ワインレッド」の「デザインフィルムトップ」が用いられている。

ダイハツ工業は2016年6月20日、軽乗用車「キャスト」シリーズに一部改良を実施。同時に特別仕様車「プライムコレクション」を設定し、販売を開始した。

「ヘアライン調/シルバー」の「デザインフィルムトップ」が用いられた「キャスト スタイル」。
「ヘアライン調/シルバー」の「デザインフィルムトップ」が用いられた「キャスト スタイル」。
「ピンク」のアクセントカラーが用いられた「キャスト スタイル」のインテリア。
「ピンク」のアクセントカラーが用いられた「キャスト スタイル」のインテリア。
外装色に「ブライトシルバーメタリック」が用いられた「キャスト アクティバ」。
外装色に「ブライトシルバーメタリック」が用いられた「キャスト アクティバ」。
「キャスト スポーツ“SA II”」
「キャスト スポーツ“SA II”」
「キャスト アクティバGターボ“プライムコレクション SAII”」
「キャスト アクティバGターボ“プライムコレクション SAII”」
「キャスト アクティバGターボ“プライムコレクション SAII”」のインテリア。
「キャスト アクティバGターボ“プライムコレクション SAII”」のインテリア。
「キャスト スタイルGターボ“プライムコレクション SAII”」
「キャスト スタイルGターボ“プライムコレクション SAII”」
「キャスト スタイルGターボ“プライムコレクション SAII”」のシート。
「キャスト スタイルGターボ“プライムコレクション SAII”」のシート。

■カラーバリエーションを大幅に拡大

今回の一部改良では、内外装のカラーバリエーションを拡大。「スタイル」では、ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」の色に「ヘアライン調/シルバー」と「カーボン調/ワインレッド」を追加したほか、内装色についても従来の「シルバー」「バーガンディ」「ライトブラウン」に加え、「ピンク」「ネイビー」「ブラック」「ホワイト」の4色を新設定した。

「アクティバ」に関しても、デザインフィルムトップの色に「カーボン調/ブラック」を追加するとともに、内装色には従来の「シルバー」「ブルー」「オレンジ」に加えて「レッド」「ネイビー」「ブラック」「ホワイト」を採用。ボディーカラーには「ブライトシルバーメタリック」を追加設定している。

また「スポーツ」では、デザインフィルムトップを選択すると「レッド」が標準となっていたドアミラーとリアクオーターピラーパネルの色を、「ブラック」に変更可能なメーカーオプションを新たに設定した。

このほかの変更点としては、4WD車の最低地上高をアクティバで180mm、スタイル、スポーツで150mmとしたほか、助手席シートヒーターを新たに採用した(スポーツと特別仕様車プライムコレクションに標準装備。その他のグレードではセットオプションの一部として設定)。

価格は各モデルとも改良前と同額となっている。

■レザー調のシートと充実した装備が特徴

特別仕様車のプライムコレクションは、アクティバおよびスタイルの「G“SA II”」「Gターボ“SA II”」ベースに、レザー調のシートや同車専用の内装色の組み合わせ、シートヒーターなどの快適装備を採用したものである。

具体的な特別装備は以下の通り。
・レザー調シート(アクティバ:ブラック+レッドステッチ、スタイル:ホワイト)
・インテリアアクセントカラー(アクティバ:ボディーカラーと同系色、スタイル:ホワイト)
・センタークラスター(アクティバ:プレミアムシャインブラック、スタイル:プレミアムシャインシルバー)
・ドアアームレスト(アクティバ:プレミアムシャインブラック、スタイル:プレミアムシャインシルバー)
・純正ナビ装着アップグレードパック
・スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)
・スーパークリーンエアフィルター
・SRSサイドエアバッグ(運転席、助手席)
・シートヒーター(運転席、助手席)

価格は以下の通り。

【キャスト アクティバ】
・G“プライムコレクションSA II”(FF):147万9600円
・G“プライムコレクションSA II”(4WD):160万9200円
・Gターボ“プライムコレクションSA II”(FF):158万2200円
・Gターボ“プライムコレクションSA II”(4WD):171万1800円

【キャスト スタイル】
・G“プライムコレクションSA II”(FF):147万9600円
・G“プライムコレクションSA II”(4WD):160万3800円
・Gターボ“プライムコレクションSA II”(FF):158万2200円
・Gターボ“プライムコレクションSA II”(4WD):170万6400円

(webCG)
 

関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • ダイハツ・キャスト スポーツ 2015.11.13 画像・写真 「ダイハツ・キャスト」に、専用チューニングのサスペンションや16インチホイールなどを備えたスポーティーな「キャスト スポーツ」が登場。オープン2シーター「コペン」で培ったノウハウを取り入れたというキャスト第3のモデルの姿を、写真で紹介する。
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る