ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も

2016.06.20 自動車ニュース
「ダイハツ・キャスト スタイル」。「カーボン調/ワインレッド」の「デザインフィルムトップ」が用いられている。
「ダイハツ・キャスト スタイル」。「カーボン調/ワインレッド」の「デザインフィルムトップ」が用いられている。

ダイハツ工業は2016年6月20日、軽乗用車「キャスト」シリーズに一部改良を実施。同時に特別仕様車「プライムコレクション」を設定し、販売を開始した。

「ヘアライン調/シルバー」の「デザインフィルムトップ」が用いられた「キャスト スタイル」。
「ヘアライン調/シルバー」の「デザインフィルムトップ」が用いられた「キャスト スタイル」。
「ピンク」のアクセントカラーが用いられた「キャスト スタイル」のインテリア。
「ピンク」のアクセントカラーが用いられた「キャスト スタイル」のインテリア。
外装色に「ブライトシルバーメタリック」が用いられた「キャスト アクティバ」。
外装色に「ブライトシルバーメタリック」が用いられた「キャスト アクティバ」。
「キャスト スポーツ“SA II”」
「キャスト スポーツ“SA II”」
「キャスト アクティバGターボ“プライムコレクション SAII”」
「キャスト アクティバGターボ“プライムコレクション SAII”」
「キャスト アクティバGターボ“プライムコレクション SAII”」のインテリア。
「キャスト アクティバGターボ“プライムコレクション SAII”」のインテリア。
「キャスト スタイルGターボ“プライムコレクション SAII”」
「キャスト スタイルGターボ“プライムコレクション SAII”」
「キャスト スタイルGターボ“プライムコレクション SAII”」のシート。
「キャスト スタイルGターボ“プライムコレクション SAII”」のシート。

■カラーバリエーションを大幅に拡大

今回の一部改良では、内外装のカラーバリエーションを拡大。「スタイル」では、ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」の色に「ヘアライン調/シルバー」と「カーボン調/ワインレッド」を追加したほか、内装色についても従来の「シルバー」「バーガンディ」「ライトブラウン」に加え、「ピンク」「ネイビー」「ブラック」「ホワイト」の4色を新設定した。

「アクティバ」に関しても、デザインフィルムトップの色に「カーボン調/ブラック」を追加するとともに、内装色には従来の「シルバー」「ブルー」「オレンジ」に加えて「レッド」「ネイビー」「ブラック」「ホワイト」を採用。ボディーカラーには「ブライトシルバーメタリック」を追加設定している。

また「スポーツ」では、デザインフィルムトップを選択すると「レッド」が標準となっていたドアミラーとリアクオーターピラーパネルの色を、「ブラック」に変更可能なメーカーオプションを新たに設定した。

このほかの変更点としては、4WD車の最低地上高をアクティバで180mm、スタイル、スポーツで150mmとしたほか、助手席シートヒーターを新たに採用した(スポーツと特別仕様車プライムコレクションに標準装備。その他のグレードではセットオプションの一部として設定)。

価格は各モデルとも改良前と同額となっている。

■レザー調のシートと充実した装備が特徴

特別仕様車のプライムコレクションは、アクティバおよびスタイルの「G“SA II”」「Gターボ“SA II”」ベースに、レザー調のシートや同車専用の内装色の組み合わせ、シートヒーターなどの快適装備を採用したものである。

具体的な特別装備は以下の通り。
・レザー調シート(アクティバ:ブラック+レッドステッチ、スタイル:ホワイト)
・インテリアアクセントカラー(アクティバ:ボディーカラーと同系色、スタイル:ホワイト)
・センタークラスター(アクティバ:プレミアムシャインブラック、スタイル:プレミアムシャインシルバー)
・ドアアームレスト(アクティバ:プレミアムシャインブラック、スタイル:プレミアムシャインシルバー)
・純正ナビ装着アップグレードパック
・スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)
・スーパークリーンエアフィルター
・SRSサイドエアバッグ(運転席、助手席)
・シートヒーター(運転席、助手席)

価格は以下の通り。

【キャスト アクティバ】
・G“プライムコレクションSA II”(FF):147万9600円
・G“プライムコレクションSA II”(4WD):160万9200円
・Gターボ“プライムコレクションSA II”(FF):158万2200円
・Gターボ“プライムコレクションSA II”(4WD):171万1800円

【キャスト スタイル】
・G“プライムコレクションSA II”(FF):147万9600円
・G“プライムコレクションSA II”(4WD):160万3800円
・Gターボ“プライムコレクションSA II”(FF):158万2200円
・Gターボ“プライムコレクションSA II”(4WD):170万6400円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャスト アクティバの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • ダイハツ・キャスト スポーツ 2015.11.13 画像・写真 「ダイハツ・キャスト」に、専用チューニングのサスペンションや16インチホイールなどを備えたスポーティーな「キャスト スポーツ」が登場。オープン2シーター「コペン」で培ったノウハウを取り入れたというキャスト第3のモデルの姿を、写真で紹介する。
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る