第455回:脱いでビックリのフィアット600柄パンツも!
これが本場イタリアのメンズモード見本市

2016.06.24 エッセイ

乗り物好き必見のメンズモード見本市

世界屈指のメンズモード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」(以下、ピッティ)が、2016年6月14~17日の4日間、イタリア・フィレンツェで開催された。同展は年に2回開催されるイベントで、今回、節目となる90回目を迎えた。

自動車ブランドでは、過去にも数回出展しているMINIが参加。同ブランドのテーマは「FLUID FASHION」で、新鋭クリエイターたちが手がけたスウェットシャツをリリースした。
「MINIは常に、象徴的なデザインと独立したライフスタイルを代弁するブランドであり、1960年代からファッションと強い関連性を保ってきた」というのが、その趣旨である。各デザインとも200点限定で、近日「LUISAVIAROMA(ルイーザヴィアローマ)」のウェブサイトで独占販売される。

ほかにも、乗り物好きの目から見て興味深いものが少なくなかった。
ピッティの会場では、これまでもたびたびおしゃれないでたちに似合う自転車が提案されている。今回の逸品は「チーニョ・ヴェローチェ」というブランドのものだ。

チーニョは、1950年代は自転車用のロック(鍵)を得意とする企業だったが、1980年代に事業を畳んでしまった。それを新たに自転車本体のブランドとして復活させたという。

モダン、クラシック双方のラインを展開する。後者に装着される「新聞ホルダー」は、その昔イタリア人が、朝キオスクで買った新聞をパチンとはさんで職場に向かうために使ったものである。

ピッティ・イマージネ・ウオモの会場となったバッソ城塞(じょうさい)のエントランス。今回は第90回ということで「ピッティ・ラッキーナンバーズ」というテーマが掲げられた。


	ピッティ・イマージネ・ウオモの会場となったバッソ城塞(じょうさい)のエントランス。今回は第90回ということで「ピッティ・ラッキーナンバーズ」というテーマが掲げられた。
MINIが設営したパビリオンのエントランス。新進クリエイターたちを起用して制作したスウェットシャツを出展した。
MINIが設営したパビリオンのエントランス。新進クリエイターたちを起用して制作したスウェットシャツを出展した。
新興の自転車ブランド、チーニョ・ヴェローチェのメンバーたち。
新興の自転車ブランド、チーニョ・ヴェローチェのメンバーたち。
チーニョ・ヴェローチェの自転車に装着された“新聞ホルダー”。往年のアクセサリーのリバイバルである。
チーニョ・ヴェローチェの自転車に装着された“新聞ホルダー”。往年のアクセサリーのリバイバルである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。