「スバル・ステラカスタム」に135万円の新グレード登場

2016.06.21 自動車ニュース
「スバル・ステラカスタムF」

富士重工業は2016年6月21日、軽乗用車「スバル・ステラ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「ステラカスタムF」のインストゥルメントパネルまわり。
「ステラカスタムF」のシート。

ステラはスバルがダイハツからOEM供給を受けて販売している軽乗用車であり、「ダイハツ・ムーヴ」の姉妹モデルにあたる。

今回の改良は、同日発表されたムーヴの一部改良に準じたもので、ドレスアップモデルの「ステラカスタム」にはスチールホイール(フルホイールキャップ付き)やメッキリングなしの2眼ルミネセントメーターなどを用いたエントリーグレード「F」を新設定。メーカーオプション「プレミアムセレクション」の装飾パネルやシートステッチの色を変更した。

また標準車のオプションである「ブラックインテリアセレクション」についても、インストゥルメントパネルの下部やインナーリモートまわりのカラーリングを変更している。

価格は標準車のステラが113万4000円から144万1800円、ステラカスタムが135万円から174万4200円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る