DS 5シック レザーパッケージ(FF/6AT)

いまなおアバンギャルド 2016.06.27 試乗記 DSブランドの中でも、他に類を見ない斬新なスタイリングが特徴の5ドアモデル「DS 5」が、新しい“DS顔”にフェイスリフト。さらにパワートレインにも手が加えられる大幅改良が施された。進化したDSブランドのフラッグシップの魅力に触れた。

既存の枠に収まらないカタチ

やっぱり変わったカタチだなあ。ひさしぶりにDS 5を間近に見てそう思った。今回の取材は、ひと足先にwebCGに試乗記をアップした「DS 3カブリオ」同様、静岡の御殿場市で開催されたDSオールラインナップ試乗会で行ったのだが、敷地に置かれたDS 3や「DS 4」は一般的なハッチバックやクロスオーバーに見えるのに、DS 5だけがひとり、カテゴライズできない独特のフォルムをしている。

現時点では最も新しい輸入車ブランド、DSの目指すところが、「タイヤの上に乗った最新パリモード」であるならば、フラッグシップはやはりDS 5のような姿でなければならないし、DS 5には十分にその資格があると思った。デビューから4年たっても、独創性はまったく色あせていない。

新型の一番のアピールポイントである「DS顔」は、2015年秋の東京モーターショーで初めて対面したときは、目が慣れるまでに少々時間を要した。しかし何度か見ているうちに慣れ、今回はむしろ感心することが多かった。

グリルの形状をかなり吟味したのだろう、既存のノーズに違和感なく収まっているし、バンパーが一直線になったのでむしろ自然に映る。ヘッドランプの外形を変えずに中身をほかのDSと共通の「LEDビジョン」に一新し、グリルの側に連続感を持たせて「DSウイング」を表現したところからは、フランスらしい合理主義も感じ取ることができる。

DS顔のDS 5を見て思ったのは、やっぱりヨーロッパはブランドの扱い方が上手だなあ、ということだった。

一部改良を受けた「DS 5」。特別仕様車「エディション1955」と同じ、新世代のデザインコンセプトにそったフロントマスクが用いられた。
一部改良を受けた「DS 5」。特別仕様車「エディション1955」と同じ、新世代のデザインコンセプトにそったフロントマスクが用いられた。
ハッチバックともステーションワゴンとも異なる、ユニークなスタイリングが「DS 5」の特徴である。
ハッチバックともステーションワゴンとも異なる、ユニークなスタイリングが「DS 5」の特徴である。
HIDとLEDを組み合わせた「LEDビジョン」と呼ばれるヘッドランプ。「DS 5」では全車標準装備となる。
HIDとLEDを組み合わせた「LEDビジョン」と呼ばれるヘッドランプ。「DS 5」では全車標準装備となる。
2011年の上海モーターショーで世界初公開された「DS 5」。当時はDSがブランドとして独立していなかったので「シトロエンDS5」という車名が与えられていた。
2011年の上海モーターショーで世界初公開された「DS 5」。当時はDSがブランドとして独立していなかったので「シトロエンDS5」という車名が与えられていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 現行「メガーヌR.S.」のフィナーレを飾る限定車発売 2017.4.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年4月6日、高性能スポーツモデル「ルノー・メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273ファイナルエディション」を発表。同日、200台限定で発売した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る