第128回:史上最大の進化(!?)を遂げたタイプ991に密着 新型「ポルシェ911カレラ・テクニカルワークショップ」から

2011.11.07 エッセイ

第128回:史上最大の進化(!?)を遂げたタイプ991に密着新型「ポルシェ911カレラ・テクニカルワークショップ」から

キーワードは4つ

2011年10月中旬、筆者はポルシェの開発の本拠であるヴァイザッハへと赴き、新型「911カレラ」のテクニカルワークショップに参加した。この日はあくまで座学。ステアリングを握ることこそできなかったのだが、終わってみれば、完全に刷新された新型911カレラのすさまじい進化ぶりに大いに脱帽させられてしまったのだった。

新型911カレラの開発においては4つのキーワードが掲げられたという。すなわち「軽量設計」「効率」「エモーション」「パフォーマンス」である。

まずは「軽量設計」から見ていこう。新型911カレラの外寸は現行型より56mm長く、7mm低い。全幅は不変だ。ホイールベースは100mm増しの2450mm。しかし車両重量は「カレラS」のPDKで1415kgと、40kgの軽量化を実現している。

環境性能、安全性などへの対処で、本来なら計算上は58.4kgの増加になったはずだという。しかし新型911カレラは、ボディー、シャシー、エンジンなど全身にわたる軽量化で98kgを軽減し、差し引きマイナスを実現している。特に注目は全体の44%をアルミ製とした軽量ボディー構造。これは軽いだけでなく、曲げ13%、ねじり20%というボディー剛性アップをも両立しているのだ。

主に燃費という面で「効率」の向上ぶりも著しい。新型911カレラS PDKの燃費は8.7リッター/100km(約11.5km/リッター)を達成。現行型が10.2リッター/100km(9.8km/リッター)だから、約17%の改善だ。また、カレラPDKは8.2リッター/100km(約12.2km/リッター)を達成。ライバル達と比較しても抜きん出た数値を実現している。

大きな役割を果たしているのがパワートレインだ。エンジンは吸排気系を一新したほか、内部も大幅にリファイン。最適な運転温度を維持する温度管理の徹底など、制御系も大幅に進化している。さらにカレラでは排気量が3.4リッターへと縮小された。 


第128回:史上最大の進化(!?)を遂げたタイプ991に密着 新型「ポルシェ911カレラ・テクニカルワークショップ」からの画像
ドアパネルにもアルミを採用するなど軽量素材の多用により、軽量化が図られたボディ。高張力鋼板や“超”高張力鋼板のほか、マグネシウムも一部使われている。
ドアパネルにもアルミを採用するなど軽量素材の多用により、軽量化が図られたボディ。高張力鋼板や“超”高張力鋼板のほか、マグネシウムも一部使われている。
新世代フラット6。可変バルブタイミング&リフト機構「バリオカムプラス」の採用をはじめ、直噴システムの最適化、オンデマンド式のオイルポンプの採用、フリクション低減などにより、さらなる高効率化が図られた。エンジンそのものも約10kg軽くなった。
新世代フラット6。可変バルブタイミング&リフト機構「バリオカムプラス」の採用をはじめ、直噴システムの最適化、オンデマンド式のオイルポンプの採用、フリクション低減などにより、さらなる高効率化が図られた。エンジンそのものも約10kg軽くなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ