第352回:走る楽しさと快適性を両立
横浜ゴムの新製品「アドバン フレバV701」を試す

2016.06.25 エッセイ
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に装着された「ヨコハマ・アドバン フレバV701」。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に装着された「ヨコハマ・アドバン フレバV701」。

横浜ゴムのフラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」から、新製品「FLEVA(フレバ)V701」が登場。2016年8月に発売される。「楽しいハンドリング」という明快なコンセプトのもとに開発された新製品の狙いとは? その出来栄えをテストコースで試した。

「アドバン フレバV701」は、市街地やワインディングロード、高速道路など、さまざまなシーンでキビキビとしたスポーティーな操舵(そうだ)フィールをドライバーに提供することを目標に開発された
「アドバン フレバV701」は、市街地やワインディングロード、高速道路など、さまざまなシーンでキビキビとしたスポーティーな操舵(そうだ)フィールをドライバーに提供することを目標に開発された。
アドバンの歴史やブランドの特徴について説明する、横浜ゴム 消費製品企画部の政友 毅部長
アドバンの歴史やブランドの特徴について説明する、横浜ゴム 消費財製品企画部の政友 毅部長。
「FLEVA(フレバ)」というサブネームは「Flexible」(しなやかな、順応性のある)と「Ovation」(大喝采、熱烈な歓迎)という2つの単語を組み合わせた造語。ちなみに「NEOVA(ネオバ)」は、「Neo」と「Ovation」を組み合わせたものだとか。
「FLEVA(フレバ)」というサブネームは「Flexible」(しなやかな、順応性のある)と「Ovation」(大喝采、熱烈な歓迎)という2つの単語を組み合わせた造語。ちなみに「NEOVA(ネオバ)」は、「Neo」と「Ovation」を組み合わせたものだとか。
試乗会場にずらりと展示されたアドバンブランドの製品。一番手前が「アドバン フレバV701」。
試乗会場にずらりと展示されたアドバンブランドの製品。一番手前が「アドバン フレバV701」。

タイヤ業界におけるブランド戦略の先駆者

長時間の高速走行に強いタイヤ、悪路でもバーストしにくいタイヤ……と、その程度の分類はなされていても、まだ「タイヤに対するブランド戦略」などは誰も思いつかなかった時代。国内トップメーカーであるブリヂストンが今へと続く「ポテンザ」を立ち上げるよりも早く、1978年に「アドバン」なるブランドを発表したのが横浜ゴムだった。

当時としては、“常識外れ”でさえあった圧倒的に高いグリップ性能により、たちまちスポーツ派ドライバーの羨望(せんぼう)を集めたのが、初のアドバン製品である「HF」。学生の身分ながら、バイト代のすべてを注ぎ込んで、早速当時の愛車であった「KP61スターレット」に装着。意気揚々と筑波サーキットへと乗り込んだものの、ウルトラ高いグリップ力と引き換えの走行抵抗などが災いしてか、コーナリングスピードは高まってもラップタイムはさして変わらず。そんなことをやっている間にたちまち溝はなくなり、程なく“か細い標準タイヤ”に戻さざるを得なくなった……なんていう個人的な思い出も、実はこのブランドにはあったりする。

そんなアドバンから、この8月に新しいモデルが追加される。「フレバ」というサブネームが与えられた「V701」というタイヤがそれだ。

現在のアドバンブランドは、ハイパワースポーツカーなどへの装着を念頭に置いたグローバルフラッグシップの「V105」を擁する「ADVAN Sport(アドバン スポーツ)」、絶対的なスピード性能を追い求めたリアルスポーツモデルの「NEOVA(ネオバ)」、そしてコンフォート性能を追及した「dB(デシベル)」という3本柱で構成されている。
そこに、「楽しいハンドリングで、走る歓(よろこびを提供する」という新しいテーマと共に投入されるのが、このアドバン フレバV701となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ