アストンマーティン、「ヴァンキッシュ ザガート」を99台限定で生産

2016.06.23 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」

英アストンマーティンは2016年6月22日、イタリアンカロッツェリアのザガートとのコラボレーションモデル「ヴァンキッシュ ザガート」を99台限定で生産すると発表した。

 
アストンマーティン、「ヴァンキッシュ ザガート」を99台限定で生産の画像
 
アストンマーティン、「ヴァンキッシュ ザガート」を99台限定で生産の画像
 
アストンマーティン、「ヴァンキッシュ ザガート」を99台限定で生産の画像

今回のヴァンキッシュ ザガートは、2016年5月20日にヒストリックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」において公開された「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」の市販モデル。市場からの強い要望を受け、販売を決定したという。

デザインはコンセプトモデルに極めて近いもので、ザガートのアイコン的なデザイン処理である“ダブルバブル”のルーフ形状や、円形に見えるテールライトリフレクター、「One-77」由来の“ウイングミラー”と呼ばれるドアミラーなどが特徴。
ボディーはカーボンファイバー製で、大きな1ピースパネルを使うことにより、パネルの継ぎ目に現れる分割線を大幅に減らすよう配慮されている。

インテリアについては、ダッシュボードにヘリンボーンカーボンファイバーとアルマイト処理された暗色ブロンズとの組み合わせによるドレスアップが施され、オプションでアニリンレザーも設定される。
豪華な素材を採用したエアコンの吹き出し口やスイッチ類、“Z”パターンキルトがあしらわれたシートやドアの内張りなども、ヴァンキッシュ ザガートならではのディテールとされている。

顧客へのデリバリーの開始時期は、2017年第1四半期になる見込み。

(webCG)

→「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴァンキッシュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る