「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(前編)

2016.06.23 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「BMW M4クーペ」。431psの3リッター直6ターボユニットを搭載するスポーツクーペを、谷口はどう評価する?

 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(前編)の画像

■このエンジンは良すぎる!

レーシングドライバーの谷口信輝が前回の「レクサスGS F」に続いて乗り込んだのは、「バイエルンの狼」の証しである“M”の称号が与えられたBMW M4クーペ。フロントに搭載された直6 3リッターターボエンジンは431psと550Nm(56.1kgm)を生み出すスポーティークーペだが、この日も箱根はあいにくの雨。しかも、試乗の時間が近づくと次第に雨脚が強まってきたうえ、霧があたりを覆い始めた。ハイパワーモデルのポテンシャルをフルに引き出すには最悪に近いコンディションである。

この状況にはさすがの谷口も手こずったようで、運転席から降りるなり、「ガスが出ているせいで前が見えなくて、エンジンをレブリミッターまで引っ張ることができませんでした」とこぼし始めた。それでもBMWパワーの迫力は十分に堪能したようで、その感想を次のように語っている。「すっごいエンジンパワーですよ。もう、アクセルを踏んだ瞬間からホイールスピンするし、シフトアップしてもまたホイールスピンする。ターボの過給が効き始めるのも早くて2500rpmくらいからトルクが立ち上がってきます。おかげで、このコンディションだとパワーを路面に伝えきれなくて、トラクションコントロールがすぐ利いちゃう。かなり楽しいクルマですね」

ただし、クルマ全体のバランスを考えると、少しパワー過多な印象を谷口は抱いたようだ。「えーと、あの円グラフみたいなの、レーダーチャートっていうんでしたっけ? あれでこのクルマを表現すると、パワーのところが明らかに勝っている感じですね。最近のクルマはボディー剛性が高くて、ブレーキやタイヤの性能も上がっているから、一番不足しているのがパワーっていう例も少なくないじゃないですか。でも、M4は正反対で、パワーだけが突出している感じ。その意味ではすごい刺激的だけれど、ちょっとトラクションは不足気味ですね」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
M4クーペBMWレクサスGS F

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る