「MINI」にBMWグループの創立100周年記念モデル

2016.06.23 自動車ニュース
「MINI ONE 5ドア ビクトリア」
「MINI ONE 5ドア ビクトリア」 拡大

BMWジャパンは2016年6月23日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「Victoria(ビクトリア)」を設定し、300台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車はBMWグループの誕生100周年を記念して設定されたもので、車名のビクトリアはロンドンの街の名に由来している。

1.2リッター直3ターボエンジンに6段ATを組み合わせた、MINI 3ドアおよび5ドアのエントリーグレード「ONE(ワン)」をベースに、ボディーカラーには英国を象徴する「ユニオンジャック」に用いられる赤(ブレイジング・レッド・メタリック)、青(ディープ・ブルー・メタリック)、白(ペッパー・ホワイト)の3色を設定。ボディーカラーとは別色のミラーキャップや、ユニオンジャックをモチーフにしたサイドストライプを採用している。

これらを含む、特別装備は以下の通り。
・MINI Victoria専用カラーミラーキャップ(ボディーカラーがペッパー・ホワイトの場合はディープ・ブルー、ブレイジング・レッドおよびディープ・ブルーの場合はホワイト)
・MINI Victoria専用サイドストライプ
・クロームライン・エクステリア
・ホワイトターンシグナルライト
・ナビゲーションパッケージ
・シートヒーター
・インテリアサーフェス・ピアノブラック
・コンフォートアクセス
・フロアマット

価格は3ドアが273万円、5ドアが288万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 3ドアMINI 5ドアMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • テーマはスパイス、特別仕様車「MINIサザーク」発売 2018.1.18 自動車ニュース BMWジャパンは2018年1月16日、「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「サザーク」を設定し、販売を開始した。ボディーカラーに「チリレッド」を採用したほか、日本で販売されるMINIとしては初となるレザレットのシートを装備している。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
ホームへ戻る