メルセデスAMG GLS63 4MATIC(4WD/7AT)

男も女もノックアウト 2016.06.28 試乗記 マイナーチェンジを機に、「GLクラス」から「GLS」へと名を変えて登場した、メルセデス・ベンツの最上級SUV。その中でも最強のパフォーマンスが与えられた、AMG仕様の走行性能や乗り心地を報告する。

最上級のSUVは“生態系の頂点”

もう7年ほど前のことだが、とあるクルマ屋さんにいたところ、でっかいホイールなどで重武装した「カイエンターボ」が現れた。その時点で、その場にいた男たちの心の中には警戒警報が吹き荒れた。
「すごいのが来たぞ」「超肉食系だぞ」
見た瞬間、われら草食獣は、心理的に逃げる準備をしてしまっていた。

重武装のカイエンターボから降り立った男は、ものすごいガタイをしていた。ありていに言って、“超人ハルク”であった。その時点で、その場にいた男たちの尻は完全に浮き気味になった。ひとりが言った。
「やばい。プロレスラーですかね?」
もうプロレスラーに殴られるのを覚悟したかのような、か細い声だった。

超人ハルクがドアを開けて入ってきた。店内は緊張の絶頂である。それはどこかで見覚えのある顔だった。私は叫んだ。
「ひょっとして、G.G.佐藤さんですか!?」

その後の話は割愛するが、いまどきの男は、でっかくて強そうで速そうで高そうなSUVに乗った男を、生態系の頂点に君臨する百獣の王として最も警戒するようである。今回私が乗ったのはその中の一台、「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」だ。

GLSは従来の「GLクラス」のフェイスリフトモデルだが、メルセデスの新しいネームスキームに合わせて名称を変更し、フロントバンパーとグリル、ヘッドライト、エンジンフード、リアハッチやリアコンビネーションランプなどの変更も行っている。ぶっちゃけ「GLE」や「GLC」の相似形となり、遠くから正面を見るとかなり見分けが難しくなった。

これはセダン系における「S」「E」「C」のクラス分けとまったく同じ文法上にあるが、サイドに回れば、3列シートのヘッドクリアランスや荷室容量の確保のために直立したテールゲートが、GLSであることを明示する。

マイナーチェンジを経て、2016年4月に新たなモデル名で発売された「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」。3列シートを持つ7人乗りのSUVで、ホイールベースは3mを超える。
マイナーチェンジを経て、2016年4月に新たなモデル名で発売された「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」。3列シートを持つ7人乗りのSUVで、ホイールベースは3mを超える。
大きさが際立つ「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の22インチアルミホイール。テスト車には「ピレリPゼロ」が装着されていた。
大きさが際立つ「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の22インチアルミホイール。テスト車には「ピレリPゼロ」が装着されていた。
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の前席は、同車専用の「AMGスポーツシート」。ベンチレーション機能も備わる。
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の前席は、同車専用の「AMGスポーツシート」。ベンチレーション機能も備わる。
荷室の容量は、3列目シート使用時で680リッター。3列目と2列目の背もたれを倒すことで、最大2300リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、3列目シート使用時で680リッター。3列目と2列目の背もたれを倒すことで、最大2300リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
関連記事
  • メルセデスAMG GLS63 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.6.28 試乗記 マイナーチェンジを機に、「GLクラス」から「GLS」へと名を変えて登場した、メルセデス・ベンツの最上級SUV。その中でも最強のパフォーマンスが与えられた、AMG仕様の走行性能や乗り心地を報告する。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2016.7.18 試乗記 AMGの名から想像するよりずっと静かなエンジンと、それに不似合いな硬さの足まわり。「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の本性を、街中だけで見抜くのは簡単ではない。いざ、高速道路に乗って、このツンデレなSUVのアクセルを踏み込むと……。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ポルシェが「パナメーラ スポーツツーリスモ」の予約受注を開始 2017.4.5 自動車ニュース ポルシェ ジャパンが、ジュネーブショーでお披露目された「パナメーラ」のワゴンモデル「パナメーラ スポーツツーリスモ」の価格を発表した。価格は1297万3000円から2453万3000円。4月7日に予約受注が開始される。
ホームへ戻る