メルセデスAMG GLS63 4MATIC(4WD/7AT)

男も女もノックアウト 2016.06.28 試乗記 マイナーチェンジを機に、「GLクラス」から「GLS」へと名を変えて登場した、メルセデス・ベンツの最上級SUV。その中でも最強のパフォーマンスが与えられた、AMG仕様の走行性能や乗り心地を報告する。

最上級のSUVは“生態系の頂点”

もう7年ほど前のことだが、とあるクルマ屋さんにいたところ、でっかいホイールなどで重武装した「カイエンターボ」が現れた。その時点で、その場にいた男たちの心の中には警戒警報が吹き荒れた。
「すごいのが来たぞ」「超肉食系だぞ」
見た瞬間、われら草食獣は、心理的に逃げる準備をしてしまっていた。

重武装のカイエンターボから降り立った男は、ものすごいガタイをしていた。ありていに言って、“超人ハルク”であった。その時点で、その場にいた男たちの尻は完全に浮き気味になった。ひとりが言った。
「やばい。プロレスラーですかね?」
もうプロレスラーに殴られるのを覚悟したかのような、か細い声だった。

超人ハルクがドアを開けて入ってきた。店内は緊張の絶頂である。それはどこかで見覚えのある顔だった。私は叫んだ。
「ひょっとして、G.G.佐藤さんですか!?」

その後の話は割愛するが、いまどきの男は、でっかくて強そうで速そうで高そうなSUVに乗った男を、生態系の頂点に君臨する百獣の王として最も警戒するようである。今回私が乗ったのはその中の一台、「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」だ。

GLSは従来の「GLクラス」のフェイスリフトモデルだが、メルセデスの新しいネームスキームに合わせて名称を変更し、フロントバンパーとグリル、ヘッドライト、エンジンフード、リアハッチやリアコンビネーションランプなどの変更も行っている。ぶっちゃけ「GLE」や「GLC」の相似形となり、遠くから正面を見るとかなり見分けが難しくなった。

これはセダン系における「S」「E」「C」のクラス分けとまったく同じ文法上にあるが、サイドに回れば、3列シートのヘッドクリアランスや荷室容量の確保のために直立したテールゲートが、GLSであることを明示する。

マイナーチェンジを経て、2016年4月に新たなモデル名で発売された「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」。3列シートを持つ7人乗りのSUVで、ホイールベースは3mを超える。
マイナーチェンジを経て、2016年4月に新たなモデル名で発売された「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」。3列シートを持つ7人乗りのSUVで、ホイールベースは3mを超える。
大きさが際立つ「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の22インチアルミホイール。テスト車には「ピレリPゼロ」が装着されていた。
大きさが際立つ「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の22インチアルミホイール。テスト車には「ピレリPゼロ」が装着されていた。
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の前席は、同車専用の「AMGスポーツシート」。ベンチレーション機能も備わる。
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の前席は、同車専用の「AMGスポーツシート」。ベンチレーション機能も備わる。
荷室の容量は、3列目シート使用時で680リッター。3列目と2列目の背もたれを倒すことで、最大2300リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、3列目シート使用時で680リッター。3列目と2列目の背もたれを倒すことで、最大2300リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る