マツダと和菓子メーカーのコラボまんじゅう、期間限定で発売

2016.06.24 自動車ニュース
「マツダロードスター生産100万台記念パッケージ もみじ詰合せ」
「マツダロードスター生産100万台記念パッケージ もみじ詰合せ」

マツダとにしき堂は2016年6月24日、コラボレーション商品「マツダロードスター生産100万台記念パッケージ もみじ詰合せ」を発表した。同日から2017年3月末までの期間限定で販売する。

商品の中身。にしき堂の「もみじ饅頭」と「生もみじ」が4個ずつセットになっている。
商品の中身。にしき堂の「もみじ饅頭」と「生もみじ」が4個ずつセットになっている。
マツダの広島本社内に展示されている「ロードスター」。
マツダの広島本社内に展示されている「ロードスター」。

自動車メーカーのマツダと、和菓子メーカーのにしき堂は、ともに広島に拠点を置く企業。両社と広島をより多くの人に身近に感じてもらうことを目的に、累計生産100万台を達成した「マツダ・ロードスター」と「もみじ饅頭」および「生もみじ」を掛け合わせ、新たな土産品として提供する。

パッケージは、歴代ロードスターのデザインをあしらったオリジナルの化粧箱で、にしき堂のもみじ饅頭と生もみじ(各4個)、特製メッセージカードが同封される。販売価格は1000円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る