ホンダ、新型「フリード」の情報をウェブで先行公開

2016.06.24 自動車ニュース

本田技研工業は2016年6月24日、同年秋のフルモデルチェンジを予定している新型「フリード」に関する情報を、自社ウェブサイトで公開した。

フリードは2008年5月に登場したコンパクトミニバンであり、「ちょうどいい」という商品コンセプトのもとに、小柄な5ナンバーサイズのボディーと広々とした室内空間を両立。2010年7月には2列シートの「フリードスパイク」が、2011年10月にはハイブリッドモデルの「フリードハイブリッド」「フリードスパイク ハイブリッド」が追加されている。

現在のところ、新型フリードに関して公開されている情報はフロントまわりの意匠が確認できるイラスト1点のみ。ホンダは同車について、「居住性、燃費性能、走行性能がさらに進化して登場する」としている。

(webCG)
 

新型「ホンダ・フリード」
新型「ホンダ・フリード」
関連記事
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 新型「ホンダ・フリード/フリード+」発表会の会場から 2016.9.16 画像・写真 初代のコンセプト「ちょうどいい」をさらに推し進めた「ホンダ・フリード/フリード+(プラス)」がいよいよデビュー。2016年9月16日にHondaウエルカムプラザ青山で行われた発表会の様子を、写真とともにリポート。テレビCMに出演する、あの二人も登場。
  • ホンダ、小型ミニバンの新型「フリード/フリード+」を発売 2016.9.16 自動車ニュース ホンダがコンパクトミニバンの新型「フリード」および「フリード+」を発売した。従来モデルよりゆとりを増した車内空間や、より高効率なハイブリッドシステムの採用が特徴で、コンパクトミニバン初のハイブリッド4WD車の設定もトピックとなっている。
  • ホンダ・ジェイドRS(FF/CVT)【試乗記】 2015.7.14 試乗記 ホンダのロールーフミニバン「ジェイド」に、1.5リッターガソリン直噴ターボエンジンを搭載したスポーツグレード「RS」が登場。ユニークなシートアレンジの利便性と、低重心ミニバンならではの走りの実力をリポートする。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る