「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場

2016.06.27 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドール ミウラ オマージュ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドール ミウラ オマージュ」

伊ランボルギーニは2016年6月23日、往年の名車「ミウラ」の誕生50周年を記念した特別仕様車「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」を、英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で発表した。

 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像

アヴェンタドール ミウラ オマージュは、ランボルギーニにおけるカスタマイズプログラムを担うアド・ペルソナム・スタジオが手がけた特別仕様車であり、ミウラをモチーフにしたというボディーカラーを特徴としている。

ミウラは顧客の希望に応じられるよう色やトリムを豊富に取りそろえていたというが、アヴェンタドール ミウラ オマージュでは、その中から代表的なものとして、「ロッソ・アランシオ」(ソリッド)、「ヴェルデ・スキャンダル」(ソリッド)、「ブルー・タヒチ」(メタリック)など6色を設定。ボディー下部とウィンドウシルはボディーと別色となっており、「ディオーネ」と呼ばれる前:20インチ、後ろ:21インチのホイールには、マッドシルバーとゴールドの2色が用意されている。このほかにも、サイドにはメタリック仕様のミウラ・バッジが、リアには黒のランボルギーニ・ロゴが施されている。

一方、インテリアではカーボンファイバーパッケージを標準装備するとともに、全面が「ネロ・アデ」(ブラック)のモノトーン、およびトーン・オン・トーンステッチを施したテラ・エミリア・レザーの2種類のカラーオプションを設定。シート上部にはゴールドまたはシルバーのミウラ50周年ロゴを、革張りのダッシュボードには「ランボルギーニ」の文字を刺しゅうしている。

販売台数は50台限定で、すでにその大半が売約済み。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.20 試乗記 車名の「ペルフォルマンテ」とは、英語でいう「パフォーマンス」の意。アクティブ・エアロダイナミクス・システムを得て、さらなる速さを手に入れたニューモデル「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」の実力を、鈴鹿サーキットで解き放った。
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.7.26 試乗記 さらなるパワーと洗練を得て「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が「アヴェンタドールS」に進化した。その実力を試す舞台に選ばれたのは鈴鹿サーキットだったが、ご覧のとおりの悪天候。このコンディションだと、いかに「S」といえども……。
ホームへ戻る