「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場

2016.06.27 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドール ミウラ オマージュ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドール ミウラ オマージュ」

伊ランボルギーニは2016年6月23日、往年の名車「ミウラ」の誕生50周年を記念した特別仕様車「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」を、英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で発表した。

 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像

アヴェンタドール ミウラ オマージュは、ランボルギーニにおけるカスタマイズプログラムを担うアド・ペルソナム・スタジオが手がけた特別仕様車であり、ミウラをモチーフにしたというボディーカラーを特徴としている。

ミウラは顧客の希望に応じられるよう色やトリムを豊富に取りそろえていたというが、アヴェンタドール ミウラ オマージュでは、その中から代表的なものとして、「ロッソ・アランシオ」(ソリッド)、「ヴェルデ・スキャンダル」(ソリッド)、「ブルー・タヒチ」(メタリック)など6色を設定。ボディー下部とウィンドウシルはボディーと別色となっており、「ディオーネ」と呼ばれる前:20インチ、後ろ:21インチのホイールには、マッドシルバーとゴールドの2色が用意されている。このほかにも、サイドにはメタリック仕様のミウラ・バッジが、リアには黒のランボルギーニ・ロゴが施されている。

一方、インテリアではカーボンファイバーパッケージを標準装備するとともに、全面が「ネロ・アデ」(ブラック)のモノトーン、およびトーン・オン・トーンステッチを施したテラ・エミリア・レザーの2種類のカラーオプションを設定。シート上部にはゴールドまたはシルバーのミウラ50周年ロゴを、革張りのダッシュボードには「ランボルギーニ」の文字を刺しゅうしている。

販売台数は50台限定で、すでにその大半が売約済み。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アヴェンタドールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.1.29 試乗記 パワーアップと軽量化によって、一段とどう猛に仕立てられた「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」に試乗。2.03kg/psというパワー・ウェイトレシオを豪語する“荒ぶる神”を、いざ公道に解き放つ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)【短評】 2014.4.22 試乗記 トップカテゴリーのレーサーすらしのぐパワーや、路面に貼り付くようなハンドリングだけが、「アヴェンタドール」をして“スーパー”たらしめているわけではない。その低く、幅広く、異様なまでの存在感に満ちた外形が、人々の心に畏れを抱かせるのだ。東京から一路、西へ。伊豆のワインディングロードで試乗した。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)【試乗記】 2014.7.10 試乗記 700psを誇るランボルギーニのフラッグシップ「アヴェンタドール」。その全開性能はいかに? ツインリンクもてぎのロードコースで解き放った。試乗記と併せてオンボード動画をおとどけする。
ホームへ戻る