「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場

2016.06.27 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドール ミウラ オマージュ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドール ミウラ オマージュ」

伊ランボルギーニは2016年6月23日、往年の名車「ミウラ」の誕生50周年を記念した特別仕様車「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」を、英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で発表した。

 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像

アヴェンタドール ミウラ オマージュは、ランボルギーニにおけるカスタマイズプログラムを担うアド・ペルソナム・スタジオが手がけた特別仕様車であり、ミウラをモチーフにしたというボディーカラーを特徴としている。

ミウラは顧客の希望に応じられるよう色やトリムを豊富に取りそろえていたというが、アヴェンタドール ミウラ オマージュでは、その中から代表的なものとして、「ロッソ・アランシオ」(ソリッド)、「ヴェルデ・スキャンダル」(ソリッド)、「ブルー・タヒチ」(メタリック)など6色を設定。ボディー下部とウィンドウシルはボディーと別色となっており、「ディオーネ」と呼ばれる前:20インチ、後ろ:21インチのホイールには、マッドシルバーとゴールドの2色が用意されている。このほかにも、サイドにはメタリック仕様のミウラ・バッジが、リアには黒のランボルギーニ・ロゴが施されている。

一方、インテリアではカーボンファイバーパッケージを標準装備するとともに、全面が「ネロ・アデ」(ブラック)のモノトーン、およびトーン・オン・トーンステッチを施したテラ・エミリア・レザーの2種類のカラーオプションを設定。シート上部にはゴールドまたはシルバーのミウラ50周年ロゴを、革張りのダッシュボードには「ランボルギーニ」の文字を刺しゅうしている。

販売台数は50台限定で、すでにその大半が売約済み。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ 2017.6.8 画像・写真 ドイツのニュルブルクリンクで量産車最速記録を樹立した、ランボルギーニのハイパフォーマンスモデル「ウラカン ペルフォルマンテ」が日本上陸。2017年6月8日、国内で初披露された。その姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る