「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場

2016.06.27 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドール ミウラ オマージュ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドール ミウラ オマージュ」

伊ランボルギーニは2016年6月23日、往年の名車「ミウラ」の誕生50周年を記念した特別仕様車「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」を、英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で発表した。

 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像
 
「ミウラ」の50周年を記念した特別な「ランボルギーニ・アヴェンタドール」登場の画像

アヴェンタドール ミウラ オマージュは、ランボルギーニにおけるカスタマイズプログラムを担うアド・ペルソナム・スタジオが手がけた特別仕様車であり、ミウラをモチーフにしたというボディーカラーを特徴としている。

ミウラは顧客の希望に応じられるよう色やトリムを豊富に取りそろえていたというが、アヴェンタドール ミウラ オマージュでは、その中から代表的なものとして、「ロッソ・アランシオ」(ソリッド)、「ヴェルデ・スキャンダル」(ソリッド)、「ブルー・タヒチ」(メタリック)など6色を設定。ボディー下部とウィンドウシルはボディーと別色となっており、「ディオーネ」と呼ばれる前:20インチ、後ろ:21インチのホイールには、マッドシルバーとゴールドの2色が用意されている。このほかにも、サイドにはメタリック仕様のミウラ・バッジが、リアには黒のランボルギーニ・ロゴが施されている。

一方、インテリアではカーボンファイバーパッケージを標準装備するとともに、全面が「ネロ・アデ」(ブラック)のモノトーン、およびトーン・オン・トーンステッチを施したテラ・エミリア・レザーの2種類のカラーオプションを設定。シート上部にはゴールドまたはシルバーのミウラ50周年ロゴを、革張りのダッシュボードには「ランボルギーニ」の文字を刺しゅうしている。

販売台数は50台限定で、すでにその大半が売約済み。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アヴェンタドールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露 2017.4.15 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、「アヴェンタドール」の進化版である「アヴェンタドールS」を披露した。6.5リッターV12エンジンの最高出力は、従来比40psプラスの740psへと強化された。車両価格は4490万4433円。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る