ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)

クラシコの粋がわかるドライバーへ 2016.06.30 試乗記 その派手ないでたちから、ランボルギーニというと、とかくアバンギャルドなイメージを抱きがち。しかし、クルマに込められた作り手の思いは意外や“古風”だ。車両の挙動や、その自由度の高さを楽しませてくれる後輪駆動の「ウラカンLP580-2」は、クラシコの粋がわかるドライバーに薦めたい。

580psのハンドリングエディション

近代ランボルギーニの飛躍の原動力となった“ベイビーランボ”。「ガヤルド」の後継モデルとして2013年に登場したウラカンの、ホットモデルに試乗した。
正式名称は「ランボルギーニ・ウラカンLP580-2」。同社伝統のイニシャルである「LP」はエンジンの後方縦置きを意味し、その出力は580ps。そして「ハイフン2」は2WDを意味する。
そう、レギュラーモデル「LP610-4」は610psの最高出力を4WDで受け止めるのだが、こちらは“ニク”。ガヤルド時代から派生車種として加わった、ピュア・ハンドリングエディションというのがそのスタンスであり、30psドロップしたパワーは、シャシーバランスにおける限界点を見定めたランボルギーニ社が自主規制した結果である。

ちなみに直接のライバルであるフェラーリは、二輪駆動の「488GTB」で670psものパワーを吸収している。だがその価格はウラカンの2462万円に対して3070万円! これよりは540psをやはり後輪で受け止める「マクラーレン570S」(2556万円)の方が比較対象になるのかもしれないが、共に筆者は試乗経験がないので詳しくはwebCGの試乗記事を読んで比べてみてほしい。

どちらにしろ庶民にはその馬力も価格も天文学的な数字であることには変わりなく、少しばかり冷ややかな目をもってその競争を生温かく見守るしかないのだが、こうした馬力(と価格)競争が、70年代のスーパーカーブームのように多くのクルマ好きを巻き込んだものではなく、“天上界”での出来事になってしまっているのも、世代的には少し悲しい気もする。

試乗の舞台は鈴鹿サーキット。ピットレーンに色とりどりの「ウラカンLP580-2」が並ぶ。
試乗の舞台は鈴鹿サーキット。ピットレーンに色とりどりの「ウラカンLP580-2」が並ぶ。
イエローのボディーカラーをまとった試乗車は、オプションの“ビコローレ・スポルティーボ”が選択され、インテリアにも目にも鮮やかなイエローが反復されていた。
イエローのボディーカラーをまとった試乗車は、オプションの“ビコローレ・スポルティーボ”が選択され、インテリアにも目にも鮮やかなイエローが反復されていた。
5.2リッターV10自然吸気ユニットは580psを発生。10気筒中、5気筒を一時的に休止させて燃費を改善させる機構を搭載している。
5.2リッターV10自然吸気ユニットは580psを発生。10気筒中、5気筒を一時的に休止させて燃費を改善させる機構を搭載している。
4WDの「ウラカンLP610-4」とはフロントだけでなくリアのデザインも異なっている。
4WDの「ウラカンLP610-4」とはフロントだけでなくリアのデザインも異なっている。
関連記事
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る