新型「スバル・インプレッサ」もうすぐ発表【東京モーターショー2011】

2011.11.07 自動車ニュース
「スバル・インプレッサG4」(4ドアセダン)
新型「スバル・インプレッサ」もうすぐ発表【東京モーターショー2011】

【東京モーターショー2011】新型「スバル・インプレッサ」もうすぐ発表

富士重工業は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーで、4代目となる新型「インプレッサ」を発表する。

こちらは5ドアハッチバック。その名も「インプレッサ スポーツ」。
新型「スバル・インプレッサ」もうすぐ発表【東京モーターショー2011】

今年4月のニューヨークショーでお披露目された新型「インプレッサ」が、東京モーターショーの開幕と同時に日本デビューを迎える。

4代目を数える新型も、これまでどおり5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類がラインナップされるが、5ドアハッチバックに「インプレッサ スポーツ」、4ドアセダンに「インプレッサG4(ジー・フォー)」というサブネームが与えられるのが新しい。

公表された新型5ドアハッチバックのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4415×1740×1465mm。現行モデルに比べ、わずかに全高が10mm低いのみで、ほぼ同寸と言ってよい。
そのいっぽうで、ホイールベースを25mm延長するなどして、これまでより広い室内空間を確保。その使い勝手の良さや質感の高さもアピールポイントとなっている。

エンジンは、新世代の水平対向4気筒ユニットが採用される。排気量は1.6リッターと2リッターの2本立て。トランスミッションはチェーン駆動のCVT「リニアトロニック」で、アイドリングストップ機構も備わる。従来比約20%アップと大幅に向上した燃費が自慢だ。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る