ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)

路上の魔王 2016.07.01 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。

ハイエンドのなかのハイエンド

某日夜、翌日の取材のためにwebCG編集部でこの緑色の魔王のカギを受け取り、スターターボタンを押してヴォンッ! とW12エンジンを目覚めさせるや、意気揚々と走り始めた。う~む、けっこう乗り心地が硬めで、タイヤのコツコツ感がある。さすがGTスピードだ。590psのコンチネンタルGTでも化け物なのに、その高性能版であるGTスピードときたら635psにビーフアップされている。

ビーフアップとたまたま書いて思ったのだけれど、本当にbeef upである。そもそもベントレーはハイエンド、これ以上高いところはもうありませんという自動車界のヒマラヤ山脈にあるブランドである。牛肉でいえば、和牛の最高ブランド、松阪牛なんである。比喩なので細かいことはともかく、コンチネンタルGTを超高級ビーフカレーだとすれば、すでにたっぷり入っている松阪牛の量をさらに増やしたぜいたく仕立てなわけである。

で、筆者であるところの私は、その乗り心地の硬さにカレーの香辛料が利いているな、ぐらいのことを思った。すると、あろうことか、ピーッピーッという警告音が控えめに鳴り出し、メーター上、タイヤ空気圧の異常を示す警告灯がオレンジ色に輝いている!

現行コンチネンタルGTスピードは、最高出力635ps、最大トルク83.6kgm、最高速度331km/h、0-100km/h加速4.1秒という圧倒的なパンチ力を持つスーパーカーである。ベントレーの量産車史上の最速のモンスター。モンスターではあるが、レース中継でもわかるようにタイヤは自動車のアキレスの腱(けん)である。もし、タイヤの空気圧がなんらかの理由で低下しており、それを車載コンピューターが警告したにもかかわらずドライバーがこれを無視して疾駆し続けたならば、大惨事が起きるやもしれぬ。

「コンチネンタルGT」シリーズの高性能モデルにあたる「GTスピード」。価格は「GT V8」の2150万円、「GT」の2430万円に対し、2700万円となる。


	「コンチネンタルGT」シリーズの高性能モデルにあたる「GTスピード」。価格は「GT V8」の2150万円、「GT」の2430万円に対し、2700万円となる。
「コンチネンタルGTスピード」のインストゥルメントパネルまわり。2016年モデルではセンターコンソールや時計のグラフィックなど、各所の意匠を変更している。
「コンチネンタルGTスピード」のインストゥルメントパネルまわり。2016年モデルではセンターコンソールや時計のグラフィックなど、各所の意匠を変更している。
シートには2016年モデルから新しいデザインを採用。テスト車にはオプションで用意されるコントラストカラーのステッチが採用されていた。
シートには2016年モデルから新しいデザインを採用。テスト車にはオプションで用意されるコントラストカラーのステッチが採用されていた。
リアシートは左右独立の2座式。センターコンソールには小物入れや12Vのシガーソケットが備わる。
リアシートは左右独立の2座式。センターコンソールには小物入れや12Vのシガーソケットが備わる。
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る