第456回:スイスでドーンと満喫!
「今日はオペラ、明日はロールス・ロイス」

2016.07.01 エッセイ

ロールスそっちのけでヴェルディ

先日スイス・ジュネーブで「コンクール・デレガンス・スイス」と称するコンクールが催された。

それにあわせて、協賛ブランドであるロールス・ロイスのスイス法人が、テストドライブを企画した。本来VIPゲスト向けのイベントだったようだが、ついでに取材登録したジャーナリストにも声をかけたらしく、ボクのもとにも招待状が舞い込んだ。

純粋な新型車の記者向け試乗会ではないし、加えて原則予約制ということで、ボクはそのインビテーションを放置した。乗ったところで、「マイレージで初めてファーストクラスに乗って、その様子をSNSにアップする」のに似たはしゃぎ方は、クルマに対して失礼ではないか。

さらに、天気予報が的中して、ジュネーブに着くと雨が降りだした。これでは、コンクールに出向いても、にぎやかな会場写真はあまり期待できない。

ジュネーブの街中を歩いていると、グランドテアトル(歌劇場)でヴェルディのオペラ『ファルスタッフ』が行われる旨を記したポスターに目がとまった。オーケストラは日本でも有名なスイス・ロマンド管弦楽団だ。それも当日は、出演者のテンションが高い初日公演である。

持参したラップトップPCで検索してみると、幸いにも桟敷席の最後列がまだ残っていた。61フラン。日本円にして6500円である。早速ネットでポチる。
最近は欧州でも、窓口に出向かずしてオペラ公演を予約できる。それも今回は、上演2時間前だった。音楽事務所に電話をかけまくって演奏会の席を確保していた、東京の学生時代がうそのようである。

かくしてその晩は、突然のことであったにもかかわらず、夜の7時半から休憩をはさんで3時間にわたる上演を楽しむことができた。

2016年6月18~19日にジュネーブ郊外コペ城で開催された「コンクール・デレガンス・スイス」にて。ロールス・ロイス部門の前ではアルペンホルンの演奏も。
2016年6月18~19日にジュネーブ郊外コペ城で開催された「コンクール・デレガンス・スイス」にて。ロールス・ロイス部門の前ではアルペンホルンの演奏も。
現在、ジュネーブの歌劇場は修復中。そのためオペラは、旧国際連盟近くに建設された仮設建物で上演されていた。仮説とはいえデザインはモダンで、音響も満足ゆくものだった。
現在、ジュネーブの歌劇場は修復中。そのためオペラは、旧国際連盟近くに建設された仮設建物で上演されていた。仮説とはいえデザインはモダンで、音響も満足ゆくものだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。