ポルシェ、新型「パナメーラ」を世界初公開

2016.06.29 自動車ニュース
ベルリンで発表された、新型「ポルシェ・パナメーラ」。ポルシェのオリバー・ブルーメ社長が、プレゼンテーションを行った。
ベルリンで発表された、新型「ポルシェ・パナメーラ」。ポルシェのオリバー・ブルーメ社長が、プレゼンテーションを行った。

独ポルシェは2016年6月28日、ドイツ・ベルリンにおいて4ドアスポーツサルーン「パナメーラ」の新型を世界初公開した。

 
ポルシェ、新型「パナメーラ」を世界初公開の画像
 
ポルシェ、新型「パナメーラ」を世界初公開の画像
 
ポルシェ、新型「パナメーラ」を世界初公開の画像
 
ポルシェ、新型「パナメーラ」を世界初公開の画像
 
ポルシェ、新型「パナメーラ」を世界初公開の画像

「スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性を、これまでにないほど高い次元で融合した」とアピールされる、2代目パナメーラ。

デザインにおいては、「一目でパナメーラと分かること」を念頭に、「ポルシェ911」との関連性も持たせながらサイドビューをクーペに近づけ、これまで以上に“スピード”を感じられるものにしたという。

よりパワフルになったツインターボエンジンには、新開発の8段PDKが組み合わされる。燃費は従来比で16%向上。V8ガソリンエンジンを搭載する「パナメーラターボ」は最高出力550ps、V6ガソリンエンジンの「パナメーラ4S」は同440psを発生する。
走行性能を高めるメカニズムとしては、「リアアクスルステア」「アクティブロールコンペンセーション」「3チャンバーエアサスペンション」「4Dシャシーコントロールシステム」などを装着している。

先進的な操作デバイスもセリングポイントのひとつ。スマートフォンのような直感的な操作を可能とする「ポルシェ・アドバンストコックピット」が採用されるほか、オンラインサービスやスマートフォンによるリモートコントロールでクルマの機能を拡張する「ポルシェ コネクト」も利用できる。

新型パナメーラは、まずは4WDのモデルが2016年11月に欧州市場で発売され、順次世界各国のマーケットにも展開される見込み。

(webCG)

→新型「ポルシェ・パナメーラ」のフォトギャラリーはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る