ポルシェ、新型「パナメーラ」を世界初公開

2016.06.29 自動車ニュース
ベルリンで発表された、新型「ポルシェ・パナメーラ」。ポルシェのオリバー・ブルーメ社長が、プレゼンテーションを行った。

独ポルシェは2016年6月28日、ドイツ・ベルリンにおいて4ドアスポーツサルーン「パナメーラ」の新型を世界初公開した。

 
 
 
 
 

「スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性を、これまでにないほど高い次元で融合した」とアピールされる、2代目パナメーラ。

デザインにおいては、「一目でパナメーラと分かること」を念頭に、「ポルシェ911」との関連性も持たせながらサイドビューをクーペに近づけ、これまで以上に“スピード”を感じられるものにしたという。

よりパワフルになったツインターボエンジンには、新開発の8段PDKが組み合わされる。燃費は従来比で16%向上。V8ガソリンエンジンを搭載する「パナメーラターボ」は最高出力550ps、V6ガソリンエンジンの「パナメーラ4S」は同440psを発生する。
走行性能を高めるメカニズムとしては、「リアアクスルステア」「アクティブロールコンペンセーション」「3チャンバーエアサスペンション」「4Dシャシーコントロールシステム」などを装着している。

先進的な操作デバイスもセリングポイントのひとつ。スマートフォンのような直感的な操作を可能とする「ポルシェ・アドバンストコックピット」が採用されるほか、オンラインサービスやスマートフォンによるリモートコントロールでクルマの機能を拡張する「ポルシェ コネクト」も利用できる。

新型パナメーラは、まずは4WDのモデルが2016年11月に欧州市場で発売され、順次世界各国のマーケットにも展開される見込み。

(webCG)

→新型「ポルシェ・パナメーラ」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る